HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市立松葉小学校「夢 work 体験」

9/18(月) 10:00〜

豊橋市立松葉小学校5年生による 職業体験「夢 work 体験」が12日(火)に 松葉校区の各事業所や施設で行われました。

これは松葉小学校の5年生児童を対象に、2年前から行われている行事です。今年は69人が校区内の食料品店や福祉施設など25か所で職業体験をしました。松葉小学校では、毎年6月に地域で活躍するOBを招いて、「ようこそ先輩」という将来を考えてもらうための講座を開いています。この「夢 work 体験」は、「ようこそ先輩」で学んだことを活かすため、児童自らが職場に足を運び、日々大人たちがどういった仕事をしているのか経験するものです。豊橋市魚町にあるサンヨネ本店では、馬淵春介さんと村田ひな子さんが、野菜を店頭に並べるための準備や弁当を作る手伝いをしました。二人とも、はじめての作業に悪戦苦闘していましたが、次第に慣れていき、時には社員の方とコミュニケーションをとりながら楽しそうに仕事をしていました。豊橋鉄道渥美線新豊橋駅では青山陽大さんと杢野吏音さんが、集改札や出発の合図、次の電車が出るための準備などの業務をしました。出発の合図を任された杢野さんは、練習では声をなかなか出せず戸惑っていましたが、ブザーを鳴らした後、「発車!」と大きな声を出し、電車を力強く送り出しました。今回の「夢 work 体験」は児童たちが将来について考える、よいきっかけとなったようです。

一覧に戻る