HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第3回豊橋まちゼミ 1本の糸から世界中に広がる手づくり文化

9/18(月) 10:00〜

プロならではコツやテクニックを無料で学べる「第3回豊橋まちゼミ」が、豊橋市の中心市街地で、10月1日まで開催されています。

プロならではコツやテクニックを無料で学べる「第3回豊橋まちゼミ」が、豊橋市の中心市街地で、10月1日まで開催されています。
今年で3回目を迎えたこの「豊橋まちゼミ」では、1か月にわたって、36の講座が開かれています。15日には、豊橋市広小路1丁目の「世界の毛糸アトリエ・マルエス」で、毛糸や編み物を学ぶミニ講座が開かれました。
 講師は、店主のピエール・カズ・サトウさん。佐藤さんは、まず受講者3人に編み物の経験の有無を聞いたあと、世界のメーカーのいろんな素材の毛糸を紹介していきました。3人は、カシミヤやアンゴラ、シルク、アルパカといった高級素材の毛糸を手にして、その素材ならではのやわらかい手触りに驚いていました。また、1本の毛糸にはいろんな色柄が混ぜられていて、おしゃれな品が、すべて手編みでできていることに感動していました。他にも、カギ針や棒針を使った基本的な編み方を実演しながら、注意点を説明しました。
 まちゼミの参加者たちは、いろんな素材の毛糸から編み出された、とてもおしゃれなバッグやマフラーを目の当たりにして、手編みに対する興味が、より広がったようです。

取材場所 アトリエ・マルエス(豊橋市広小路1丁目)

一覧に戻る