HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市立花田小学校で演劇ワークショップ

9/28(木) 10:00〜

豊橋市立花田小学校で、25日、劇団俳小(はいしょう)公演「トキワ荘の夏」のワークショップが開催されました

豊橋市立花田小学校で、25日、劇団俳小(はいしょう)公演「トキワ荘の夏」のワークショップが開催されました。
花田小学校では、今年度の文化芸術による子どもの育成事業の一環として、10月17日に劇団俳小による「トキワ荘の夏」が上演されます。その劇の中に、花田小学校の子どもたちが参加することとなり、この日ワークショップが開かれました。
「トキワ荘の夏」は、漫画界で一世を風靡した手塚治虫などの漫画家たちのトキワ荘での暮らしぶりを描いた物語です。
俳小のメンバーたちは、まず、漫画を通じて子どもたちの興味を惹いて雰囲気を和らげた後、全校児童457人と一緒に体操をして体をほぐしていきました。
そして、劇の最後にみんなで歌う「まんがの夢のつばさ」という曲を練習しました。歌の途中で「サッカー選手になりたい」「私は歌手になりたい」と夢を語るセリフ部分があり、大きな声を出して歌っていました。
ワークショップ後半は、本番当日、トキワ荘の近所の子たちを演じる6人を対象に行われました。まず、腹式呼吸の仕方、そして大きな声の出し方などを教えてもらったあと、役を決めて立ち位置やセリフの練習をしました。  
始めのうちは、恥ずかしさも手伝って、思うように表現できない子もいましたが、通しの練習に入るとテンポよくセリフが出るようになり、10月本番への手ごたえを感じとることができたようです。

取材場所 豊橋市立花田小学校(豊橋市西羽田町)

一覧に戻る