HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第5回輪投げ大会

10/2(月) 10:00〜

豊橋市総合福祉センターあいトピアで、9月28日、東三河のグループホーム対抗の「第5回輪投げ大会」が行われました。

豊橋市総合福祉センターあいトピアで、9月28日、東三河のグループホーム対抗の「第5回輪投げ大会」が行われました。
 この輪投げ大会は、愛知県認知症グループホーム連絡協議会の東三河ブロックが主催したもので、今年は、29の事業所から過去最高の616人が参加しました。
 開会式では、昨年優勝した豊橋市南大清水町の元町グループホームからトロフィーの返還が行われた後、全員で軽めの体操をしました。
 そして、ゲームは、職員を含めた1チーム5人編成で、1人5本ずつ投げて、5人の総得点で競いました。利用者の人たちは、各施設の代表ということで、どのチームも気合十分で、一本一本真剣に投げては、点数に入ると職員たちと喜び合っていました。中には、5本全部点数に入れた人もいて、まわりから大きな拍手で祝福されていました。
 決勝は、田原市保美の福寿園花の里と、豊橋市杉山町のカサデヴェルデの対戦となりました。選手たちも、輪投げをするごとにだんだん上手になってきて、点数が入るたびに大きな拍手と歓声が上がっていました。
 優勝したのは、カサデヴェルデの皆さん。みんなで協力し合って勝ち取った優勝を喜び合っていました。
 この輪投げ大会、参加者たちにとって、たくさんの人たちと交流できて、そしてみんなで喜びを分かち合える、とても楽しい一日となったようです。

取材場所 あいトピア(豊橋市前畑町)

一覧に戻る