HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

渥美半島観光ボランティアガイド研修「鷹の渡り」

10/5(木) 10:00〜

田原市伊良湖町の恋路ヶ浜駐車場で、2日月曜日、渥美半島観光ボランティアガイドの研修が行われました。

田原市伊良湖町の恋路ヶ浜駐車場で、2日月曜日、渥美半島観光ボランティアガイドの研修が行われました。
 この研修は、渥美半島観光ボランティアガイドの会が開いたもので、この日は「鷹の渡り」のシーズンに合わせて7人の会員が研修に臨みました。
 講師は、40年以上「鷹の渡り」を観察している山本和男さんです。「鷹の渡り」は、9月中旬から11月中旬まで見られ、北から南に渡る鷹たちが伊良湖岬を通過したり、近辺の山々で休憩したりするので、「鷹の渡り」の観察のメッカとしても知られています。
 山本さんは、サシバ、ハチクマ、ツミなど代表的な鷹の種類の特徴を紹介したり、観光客からよく尋ねられる質問の受け答えなどを話したりしました。
 この日は、鷹が通過する伊良湖岬だけでなく、東日本や西日本も天候が悪いため、時折双眼鏡をのぞくも、残念ながら研修中に「鷹の渡り」を見ることができませんでした。しかし2日前の土曜日には、1400羽を超えるサシバの渡りがあったそうで、その話を聞いたボランティアガイドたちは、とても残念がっていました。
 こうして、「鷹の渡り」についての正しい知識を深めたボランティアガイドたちは、「この秋の伊良湖の楽しみ方を観光客に自信を持って伝えることができる」と話していました。

取材場所 伊良湖 恋路ヶ浜駐車場(田原市)

一覧に戻る