HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第50回 市民歩こう会

10/12(木) 10:00〜

新城市の作手高原で 9日月曜日 第50回 市民歩こう会が行われました。

この市民歩こう会は、体力や健康増進を図ろうと新城市教育委員会と体育協会が主催し、毎年開催され今回で50回を迎えました。開会式では、新城市教育委員会 和田教育長が「作手高原の爽やかな空気を胸いっぱいに吸って楽しく最後まで歩いてください」と挨拶しました。この市民歩こう会は、作手小学校グラウンドを発着点に、家族で楽しめる共育(ともいく)コース4キロと坂を除いた健康コース7キロ、そして上り坂や急な下り坂がある健脚コース8キロの3つのコースに分かれて行われました。家族連れや新城市内在住の方などおよそ300人が、作手高原の爽やかな秋と広々とした風景を楽しみました。また参加者は、作手高原に生息する草花や虫、風景を眺めながらのウォーキングに汗を流していました。参加者は、コースの途中、新城市の指定文化財の善福寺(ぜんぷくじ)や毎年5月に作手古城まつりが開催される亀山城址、そして川尻城址などを見学しながら思い思いのペースで歩を進めていました。参加者は、爽やかな秋を実感しながら道路脇の花や風の音など車の移動では気づかない小さな発見もあったようです。

一覧に戻る