HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

野田校区 安全・安心 体験型教室

11/20(月) 10:00〜

田原市にある野田市民館で16日木曜日、野田校区 安全・安心 体験型教室が行われました。

この教室は、安全なまちづくりと市民に防犯意識を高めてもらおうと田原警察署が、野田校区コミュニティ協議会と連携し行われました。教室でははじめに、開田田原警察署長による安全・安心講話が行われ、愛知県の交通事故状況や犯罪状況などが説明されました。講話では、犯罪被害に合わない為には、視覚による抑制が大切と参加者に伝えました。また防犯では、森下巡査部長による、窓ガラスを割って侵入する犯罪手口の実演も行われました。参加者たちは、窓ガラスが、マイナスドライバーを使って、簡単に割れてしまう事を知ると驚きをみせていました。さらに窓には、補助錠を使用する二重ロックの大切さや、防犯シートの活用も呼びかけました。 この日の教室には、田原市野田町に住む住民などおよそ120人が参加し警察官の話に熱心に耳を傾けていました。参加者たちは、教室を通して、事故や犯罪に遭わない為の防犯の重要さを学んだようです。

一覧に戻る