HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

前芝保育園 餅つき大会

12/18(月) 10:00〜

豊橋の前芝保育園で、15日日金曜日、恒例の餅つき大会が行われました。

豊橋の前芝保育園で、15日日金曜日、恒例の餅つき大会が行われました。
 これは、地元の有志で結成されているNPO法人三州はりこ会が、前芝保育園を訪れて行っているもので、今年で7年目となりました。0歳児から年長児まで142人の園児が遊戯室に集まり、まず、保育士さんが園児たちに鏡餅や餅つきなどの問題を出して楽しみました。
 そして、蒸し上がった餅米を臼(うす)に移して、杵(きね)でしっかりとこねた後、園児たちのヨイショヨイショの掛け声を背に餅をついていきました。
 続いて、ハッピ姿でハチマキをした年長児たちが、1人ずつ順番に餅つきをしました。園児たちには、子ども用の杵(きね)が用意され、三州はりこ会のメンバーたちに見守られながら、ペッタンペッタンとついていきました。餅がつきあがると、先生たちが細かくちぎって、アンコもちやしょうゆもち、きな粉もちにしていきました。
 出来立てのおもちが配られると、園児たちは、やわらかいおもちをパクパクとおいしそうに食べていきました。そして、おかわりが来ると、手を挙げて自分の好きなおもちをお皿に入れてもらっていました。
 この餅つき大会、今や、前芝保育園の年末の風物詩として、地元の人たちと園児たちとの楽しいふれあいの場となっています。

取材場所 前芝保育園

一覧に戻る