HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

ちびっこ人形劇を観る会

12/22(金) 10:00〜

新城市杉山にある西部公民館で、19日、「ちびっこ人形劇を観る会」が開かれました。

 新城市杉山にある西部公民館で、19日、「ちびっこ人形劇を観る会」が開かれました。
 これは、子育てを楽しむ会「このゆびとまれ」が、未就園児と保護者を対象に「親子ふれあい広場」として開催したもので、約50組が参加しました。
 人形劇は、豊川市の人形劇団「とんぼ」による「ライオンはかせのへんしんマシーン」です。まずライオンはかせが、何を入れても食べ物に変わる
マシーンを発明。丸いボールを入れてみると、あら不思議、赤いリンゴや団子に変わったりしました。ちびっこやお母さんたちは、人形たちの動きや次々とおいしい食べ物に変わる様子に惹きこまれて、楽しい表情を浮かべていました。
 最後に、燃料を入れてスイッチを押すと、何とロケットに変身。そのロケットに乗り込んで宇宙に飛んでいくと、ちびっこたちから大きな歓声があがりました。
 また、幕間には、劇団「とんぼ」のメンバーやカエルの人形の動作をまねる「こんなことできますか?」という遊びをして、みんなで楽しみました。
 この「親子ふれあいひろば」の人形劇は、毎回ちびっこたちに大人気で、終演後も、人形に触ったり、お母さんたちのカメラに収まったりして笑顔を見せていました。

取材場所 新城市西部公民館(新城市杉山)

一覧に戻る