HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第40回 成章高校野球部卒部式

12/26(火) 10:00〜

田原市田原町にある愛知県立成章高等学校で、24日日曜日 「第40回成章高校野球部 卒部式」が行われました。

成章高校野球部は、創部110年を超える伝統ある部活動で、昭和47年と平成20年の選抜高校野球大会、通称春の甲子園に出場しました。今年度野球部を卒部するのは、部員17人とマネージャー4人の21人です。卒部式は今まで支えてくれた関係者に感謝を述べるとともに、思い出が沢山詰まったグラウンドに別れを告げようと行われました。式では、始めに野球部河合監督が、「3年間苦しい思いを沢山してきたと思います。この苦しさを乗り越えてきた事を糧に、今後飛躍して下さい」と話し、部員を送り出しました。そして3年生の部員1人1人が、関係者や保護者に「今まで支えてくれてありがとうございました」などと、自身が思いを込めて書いた手紙を読み上げました。最後に主将の平松礼穏さんは、「この伝統ある成章高校野球部の一員という事を忘れず、これから社会にでるもの、進学するものなど、別々の道ではありますが、頑張って行きたいです」と挨拶し、お世話になった指導者や保護者に感謝の言葉を述べると、練習場に大きな拍手が、響き渡りました。卒部生は、野球に打ち込んだ3年間の思いを胸にりりしい表情で成章高校野球部を旅立っていきました。

一覧に戻る