HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

ちさとプレーパーク

12/27(水) 10:00〜

新城市野田の豊川河川敷で、12月24日 クリスマスイヴに、「ちさとプレーパーク」が開催されました。

これは、新城市の千郷地域子育て連絡協議会が主催し、千郷小学校PTAや、
千郷の各こども園 母の会といった、様々な地元の団体が協力し開かれました。

「ちさとプレーパーク」は、子ども自身で「遊び」をつくる遊び場です。
自分のやってみたいことを、自由な発想で、のびのびと思い切って遊ぶことができます。
河川敷の斜面を使って作った「ダンボールすべり台」。
子どもたちは、おもいっきり体を投げ出して遊んでいました。
また、金づちやのこぎりを使い、木材を自分のアイディアで加工し、棚を作ってみたり、
羽子板作りができるブースでは、マジックペンを使い、オリジナルの羽子板を作っていました。
完成すると、子どもたちはとてもうれしそうに、羽子板を見せてくれました。
また、バーベキューコンロが用意されており、こちらでは、マシュマロをあぶったり、
ウインナーを焼いて食べることができ、子どもたちは自分たちで焼き加減を調整しながら、おいしそうに食べていました。

この「ちさとプレーパーク」は、日頃できない、危険を伴ったり、怖いと思うような遊びを、
大人たちがやさしく見守り、子どもたちの「好奇心」や「冒険心」を育む遊び場として、これからも続けていくということです。
笑顔いっぱいの子どもたち。クリスマスに、素敵な経験と思い出ができたようです。

取材場所 新城市野田 豊川河川敷

一覧に戻る