HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原市立泉中学校「百人一首大会」

1/12(金) 10:00〜

田原市立泉中学校で9日(火)、新春の恒例行事、百人一首大会が行われました。

 この百人一首大会は、生徒たちが伝統的な言語文化に触れ、豊かな心を培うとともに、他学年との交流や生徒個々の親睦を深めることを目的に、毎年この時期に開催されています。
 会場となった体育館には、1年生から3年生までの95人が集まり、ルール説明を受けると17のグループに分かれ、百人一首が始まりました。
 上の句が読み上げられると、生徒たちは、「はい!」という掛け声とともに素早く札をとっていきました。
中には、冬休み期間中に百人一首を覚えてきた生徒もおり、みな真剣な眼差しで読まれた歌の札を探していました。
今年優勝した学年は、取り札の平均枚数が最も多い1年生でした。
  熱戦が繰り広げられた今回の百人一首大会。
生徒たちは楽しみながら、古典の知識に慣れ親しむことが出来たようです。

取材場所 田原市立泉中学校

一覧に戻る