HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城市 まちづくり検討会

1/16(火) 10:00〜

新城文化会館大会議室で、13日土曜日、「まちづくり市民検討会」の全体会が開かれました。

新城文化会館大会議室で、13日土曜日、「まちづくり市民検討会」の全体会が開かれました。
 この「まちづくり市民検討会」は、第2次新城市総合計画基本構想の策定に基づくもので、その手始めとしてこの日開かれた全体会には、新城市民や市役所職員など約70人が参加しました。 
 始めに、宮城県南三陸町の復興まちづくりに携わった太齋彰浩(だざいあきひろ)さんが基調講演を行い、住民たちによるまちづくり活動の大切さを説きました。
 続いて、「三者三様 多種多様 しんしろあるある」をテーマに、パネルディスカッションが行われました。コーディネーターの愛知大学鈴木誠教授が、どんなところに新城の良さを感じるか、また、これからの新城市には何を期待するかなど、3人のパネリスト達に意見を聞いてまとめていきました。
 最後は、グループワークが行われ、参加者たちは、自分自身のこれまでの経験や未来はこうあってほしいなど、「新城に生まれてよかったこと」を紙に書いて語り合いました。
 この「まちづくり市民検討会」、これから2月にかけて新城各地で「地域会」が開かれますが、参加者たちは新城への思いを世代や性別関係なく語り合うことで、今後の展開に大きな期待を寄せていました。

取材場所 新城文化会館(新城市下川)

一覧に戻る