HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市美術博物館収蔵品展 森緑翠と白士会

2/5(月) 10:00〜

豊橋市美術博物館では、現在、収蔵品展「森緑翠と白士会」が開かれています。

豊橋市美術博物館では、現在、収蔵品展「森緑翠と白士会」が開かれています。
大正6年に東京で生まれ、昭和32年から豊橋を拠点として活動した代表的な日本画家、森緑翠。今年は森緑翠の生誕100年にあたります。  
豊橋市美術博物館学芸員の丸地加奈子さんに作品を紹介していただきました       
 他にも、森緑翠の師、中村岳陵や同門の中村正義、白士会の創立メンバーの我妻碧宇(あずまへきう)や伊藤隆雄など、詩情あふれる緑翠の仲間たちののびやかな個性の作品の数々が展示されています。
 なお、2月12日の祝日には、午後2時から「森緑翠絵画の魅力」と題したスライドレクチャーが行われます。この収蔵品展「森緑翠と白士会」は、3月4日日曜日まで、豊橋市美術博物館で開催されています。

取材場所 豊橋市美術博物館(豊橋市今橋町)

一覧に戻る