HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

小中学校へ出向いてのワークショップ&ワークショップファシリテーター養成講座 報告会

2/20(火) 10:00〜

小中学校へ出向いてのワークショップ&ワークショップファシリテーター養成講座 報告会

穂の国とよはし芸術劇場プラットでは、豊橋市より委託を受けて市内の小中学生を対象にした「学校へ出向いてのワークショップ」を行っています。
また2014年からは、ワークショップを進行する人材、ファシリテーターを地域に育成する養成講座も開講しており、この日はその両方の取り組みについて報告がされました。
報告会には、ワークショップに興味を持つおよそ20人の方が参加し、始めに小学校でワークショップを行った際の実例が話されました。
報告者は、子どもたち相手だと想定外のことが多くあると話し、「臨機応変さや様々な切り札を持っていることが大切だ」ということや、「普段接することのない大人が学校へ行くことで、子どもたちが違う価値観に触れ固定概念を崩すことができる」といった、活動によって気づいたことを伝えました。
続く「ワークショップファシリテーターの養成講座」についての報告では、ワークショップ作りで考えた様々な演出があげられ、参加者は熱心にメモを取りながら、話に耳を傾けていました。
その他にも、ワークショップ当日までに、事前にワークショップを実施して、プログラムを練り直していく苦労や「個人のアイデアを合わせて新しいアイデアが生まれる」など、受講者がワークショップ作りを通して体験したことを発表しました。

取材場所 穂の国とよはし芸術劇場

一覧に戻る