HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市立吉田方小学校 コンピュータークラブのプログラミング発表会

2/23(金) 10:00〜

豊橋市立吉田方小学校の体育館で21日(水)コンピュータークラブのプログラミング発表会が 行われました。

吉田方小学校のコンピュータークラブでは、児童のプログラム能力の向上を図るため、豊橋創造大学や愛知ロボット研究所などと連携し、人型ロボット「ペッパー」をプログラミングする学習活動を行ってきました。
この日開かれた発表会では、コンピュータークラブの児童22名が、クラブ活動の集大成として、実際にペッパーを操作し、動いたり話したりする様子を全校児童の前で発表しました。
クラブの児童たちは、4チームに分かれておよそ1ヶ月かけて作成したペッパーのプログラムを用いて、ペッパーに話をさせたり、ダンスを躍らせたりと、見ている人を楽しませるような、工夫を凝らした発表を行いました。
発表後には質問タイムが設けられ、生徒たちから「ペッパーをどのように動かしているのか」といった仕組みについての質問や、プログラムの製作期間など、様々な疑問が投げかけられると、クラブの児童たちは時には資料を使いながら、丁寧に質問に答えていました。

一覧に戻る