HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

出沢区高齢者介護予防「第18回おもてなしサロン」

3/2(金) 10:00〜

新城市出沢にある出沢公民館で27日(火)、出沢で暮らす高齢者の介護予防のための「おもてなしサロン」が開かれました。

新城市の北部に位置する出沢は、世帯数37戸・住民数128人で、その内のおよそ5割が65歳以上です。この「おもてなしサロン」は、家に閉じこもりがちな高齢者や要介護状態になる恐れのある高齢者のために、孤立感の解消や自立支援をサポートしようと、出沢在住の有志が結束して、平成26年7月より2カ月に1回開いています。この日は、77歳から94歳までの12人の人たちが集い、始めにタオルを使った軽めの体操と、歌いながら両手を動かす運動で身体をほぐしました。次に、左右の指を素早く動かすことで脳を刺激する「脳トレ」を行いまいした。親指と小指を交互に動かしたり、歌に合わせて指を左右互い違いに動かしました。参加者は、分かっていながらも思うように動かせないもどかしさを感じながら、懸命に指を動かしていました。他にも、懐かしい歌を皆で歌ったり、みんなで列を作って肩を揉み合ったりしながら、楽しいひと時を過ごしていました。この出沢の「おもてなしサロン」は、いつまでも生き生きと暮らしてもらいたいと願う地元の有志と、いつまでも元気よく暮らしたいと願う参加者の絆で結ばれている、とても有意義なサロンとなっているようです。

取材場所 出沢公民館/新城市出沢

一覧に戻る