二川南校区自治会


TOP自治会コミュニティ防災交通安全・防犯校区市民館

 自治会  
   
会長あいさつ   
 私たちの校区は生まれて29年、市内においても新しい校区であります。
市制100周年を境にいろいろな行事に力を注いでまいりました。
この10年間の間に先輩達が苦労に苦労を重ね、変換期を迎える度に、大きな変化をきたしてきたことに感謝するしだいです。
この校区をいかにして元気にしていくか、また、いかにして多くの人を集める行事がないか、ここで考えられたのが、11町バラバラであった納涼まつりを一本化することでした。大きな抵抗のなか、一本化の成功を機に、体育祭、豊橋まつりや本陣まつりへの参加と、防災訓練の充実化をメインに、校区敬老会、成人式等、どの計画においても多くの方が参加する行事にと発展してまいりました。
確かにイケイケどんどんで進めて来た計画が何一つ挫折することなく現在に受け継がれております。
この計画は、私共が求めている防犯、防災、交通安全につながり、ここに「二川子どもを護る会」が生まれました。
さらに、校区諸団体からなるコミュニティ推進運営委員会を立ち上げ、この組織を基本に、小学校を交えて活動しております。
このホームページを通じ皆様と一緒に歩んでいきたいと思っております。
 二川南校区自治会長・山本和男

 

各町自治会 
 町名 自治会長  組数  回覧数  加入世帯数 
大岩町久保田  石野 秀夫  9 21 317
大岩町本郷 春日 昭一 4 10  65
大岩町南一区  太向 宏  21  23  436
 大岩町南二区  木下 正治  31  63  682
 大岩町南三区  河合 貞雄  32  35  397
 大岩町南丘  中川 稔  21  24  321
 二川町南町  山本 和男  21  30  451
 豊清町  長井 賛雄  10  13  158
三弥町 水鳥 正久  4  9  67
 弥栄町  太田 正  2  4  25
 豊栄町 奈倉 利夫  6  9 138
 11町  合  計  161  241 3057
                                     H29.4現在



町別地図 
 

   




組織図   
 



校区の歴史 
平安時代の東海道は国府(豊川)より渡津(小坂井)を経て豊川を渡り二川近辺を通って遠江国の浜松橋(浜名湖、今切)へ出た。
鎌倉に幕府が開かれてからは、鎌倉と朝廷のあった京都を結ぶ鎌倉街道として往来がはげしかった。 
慶長6年(1601)  徳川家康は 東海道宿駅制度を確定し、二川宿と大岩宿を設置。
二川村は現三弥町中原、大岩村は現大岩町本郷にあった。
 明治 元年(1868) 二川村と大岩村は三河県の管轄下にあった。
    11年 二川村と大脇新田と合併し二川村となる。
雲谷村と中原村、原村と合併し谷川村となる。
    22年 二川村は大岩村、谷川村と合併し大川村となる。
    26年 大川村は町制をしき、大川町となる。
当時渥美郡には豊橋町、田原町、大川町の3町があった。
    39年 大川町、谷川町、細谷村、小澤村、が合併し二川町となる。
同年8月豊橋町は市制をしき渥美郡より独立豊橋市となる。
 昭和30年(1955)3月 二川町は豊橋市と合併し現在に至る。
    55年6月 過大校解消対策委員会が発足し、二川校区が一丸となり新校区設立を推進。
    56年1月 新校区を、久保田・豊清を含む梅田川の南側とし、その建設予定地を二川中学校周辺に決定。
    61年 オープンスペースを持つ学校とし、造成工事に入る。
    61年3月 市議会議により新設小学校名を二川南小学校と決定。
    62年 当初9町(大岩南、本郷、南丘、久保田、二川町南町、豊清、三弥、弥栄、豊栄)
その後、大岩南を(1区、2区、3区)分割し11町となる。 
    63年4月 二川南小学校開校(市内50番目)
二川校区より分離、二川南校区が誕生した。
 平成 3年 二川宿本陣まつり・大名行列に参加 
    4年 納涼夏祭り開催(現在のふたなんフェスタ)
    5年 豊橋まつり・市民総おどり参加
    7年 「みんなで創ろう二川南」を合い言葉に、二川南校区コミュニティ推進委員会を結成した。
   15年 二川駅(旧駅舎・明治29年開業)が改築され、南口から豊橋動植物園へ直結された。
これを機に、二川中学校の3校区(二川・谷川・二川南)が一体となって、防犯・防災・交通安全に力を注いでいる。
Copyright ©2015二川南校区自治会All Rights Resarved.