境内のアルバム(石段)

蛙股(社寺建築で荷重を支えるための部材。下方が開いて蛙の股のような形をしている)

本殿および拝殿、弊殿の蛙股には、動物・鳥類・植物など、25体の彫刻が施されている。

戻る