バターナット HF3V−Jを復活させました

倉庫に眠っていたのを忘れていて、このアンテナ
を復活させることにしました。
6m程度の自立ポール(よく一般家庭で庭先に電
気や電話線を電柱から引き込んで一旦中継させ
ているポール)を建てました。アースを取ってます
のでポール全体が理論上はGND電位です。
アンテナのトップは、15mぐらいになっています。
もともとこのアンテナは3.5,7,14MHz用です
が1.9Mのオプションコイルを付けることにより、
160mもQRV可能になります。確か1kWまで
OKだったと思います。1.9は普段はLWなので
すが1.8MHzとなると中心周波数1.817.5M
Hzであるゆえ同調を大きくずらす工夫が必要です
リレーなどをリモートして同調周波数をずらす装置
を考えればいいのですが、この際せっかくアンテナ
があるので1.8MHz専用としました。
ローカルのJA2VQF仲根OMがSWRアナライザを
持っていることを思い出し、急遽借りにいくことにし
ました。VYTKS! JA2VQF!
これ、本当に便利です!
測定したい周波数に合わせて、調整していけばハイOK
SWRは、中心で1.2、1810と1825で1.5ぐらいで
した。
戻ります