+++++ DVD Decrypterの使い方 +++++

DVDリッピングソフト

まず始めに、このソフトは海外版ソフトです。
英語しか出てこないけれど、使い方はとても簡単なので
臆することなく、以下の説明を読んでぜひ使ってみて下さい。
(オンライン上に日本語化バッチソフトも公開されているので
どうしても日本語化して使いたいっていう人は探してみて下さい。)

ここでは簡単な使い方を紹介します。
リッピングに関する質問はいっさいお答えしません!
(著作権にかかわるので...)自力でなんとかしてみて下さい!!

[ソフトのインストールと起動]
SetupDVDDecrypter.exeをダブルクリックしてソフトをインストールして下さい。
インストールは指示に従って下さい。
インストール完了後、ショートカットがスタートメニューに登録されます。
登録された、下記アイコン(DVD Decrypter.exe)を
ダブルクリックするとソフトが起動します。


[リッピングの仕方]

1.まず初めにリッピングするドライブを指定します。
2.次にホルダーのアイコンをクリックして、
リッピングするファイルの保存場所を指定します。

3.Modeをクリックして
ISOかIFOか(リッピング形式)を選択します。
(ISO選択時はReadを選択して下さい。)
  ISO・・・イメージファイルの吸出し(DaemonToolsでのマウント可能)
  IFO・・・Vobファイルの吸出し
(ここでは、Vobファイルの吸出しを例に説明します。)

4.”HDD取込み”ボタンをクリックすると
リッピングが開始されます。

HDDへの取込みが終了すると、さわやかな音楽が鳴り、
リッピングに成功したことを知らせてくれます。

DVD再生ソフトがインストールされていれば、
(コーディックの関係からVobファイルの再生には
DVD再生ソフトのインストールが必要となります。)
DVDをいちいちドライブにマウントしなくても、
他の動画ファイルと同様にVobファイルを
WindowsMediaPlayerで再生できる様になります。
DVD再生ソフトをインストールしていない方は
編集ソフトを使って.mpg等にエンコードしてからお楽しみ下さい。

ちなみに
このソフトは吸い出したISOファイルから
DVDを焼くこともできます。
Mode>ISO>Writeを選択した後、
ホルダーアイコンをクリックして吸出したISOファイルを指定し、
”DVD焼き込み”ボタンをクリックすることで
焼き込みが開始され、DVDの複製ができます。

関連サイト:
DVD Decrypter:http://www.dvddecrypter.com/
             (↑↑↑ここでダウンロードできます)