旬花NEWS

旬花NEWS

屋外植物園 2018.10.16




ツワブキ

分類:キク科 ツワブキ属
場所:渓流

葉に艶があり、フキに似ていることから「ツヤブキ」、それが転じて「ツワブキ」といわれるようになりました。
ツワブキは、日陰を好み民間薬として、茎と葉を打撲や火傷に用いられます。フキと同じように茎を食用とすることもあります。是非散策してみてくださいね。


屋外植物園 2018.10.16




ロウヤガキ

分類:カキノキ科 カキノキ属
場所:伝統園芸コーナー

渋柿で、食用には向きません。
盆栽や庭木として広く用いられています。 葉は丸みを帯びたひし形で、花は3月~4月に咲きます。


屋外植物園 2018.10.16





フジバカマとアサギマダラ

分類 キク科 ヒヨドリ属
場所 花と香りの園

乾燥した茎や葉などから桜餅のようなあまい香りが放たれます。
この花には多くの昆虫がやってきますが、とりわけ目を引くのが「アサギマダラ」です。アサギマダラは蝶にしては珍しく渡りを行う種として有名です。

※園内での昆虫採集、マーキングなどは禁止されています。 ※撮影を行う方は植物や蝶を傷めたり、他のお客様の迷惑にならないようご協力お願いいたします。


屋外植物園 2018.10.16




シュウメイギク

分類:キンポウゲ科 イチリンソウ属
場所:紅葉の森

秋に菊に似た花を咲かせることが名前の由来です。
京都の貴船地方に多く咲いていたことから、貴船菊(キブネギク)とも呼ばれています。多年生の植物で山野にも自生していますが、これは古くに中国から渡ってきたものが野生化したものであるといわれています。花に花びらはなく、そのように見える部分はじつは萼片です。


温室 2018.10.12




ハロウィン飾り

場所:イベントの部屋

今年もイベントの部屋にハロウィンがやってきました。
テーマは「ハロウィンパーティ」で、可愛らしくにぎやかな装飾が施されています。 今年からホワイトパンプキンを導入しており、オレンジ色のカボチャや飾りを際立たせてくれています。カボチャは園内で育てた本物を使用しています。ハロウィン当日の昼頃までお楽しみいただけます。
※かぼちゃの状態によっては展示期間が短くなる可能性もあります。

屋外植物園 2018.10.10



十月桜

分類:バラ科 サクラ属
場所:花木の園

花木の園で一見季節外れに咲いている桜があります。 
これは狂い咲きではなく、二季咲きという性質を持った桜たちなのです。10月桜は、八重の薄ピンクの花を付ける品種です。コヒガンザクラを親に持つ品種で、これを親に持つサクラは一般的に二季咲きの性質をもちやすいようです。


屋外植物園 2018.10.10


ムベ

分類:アケビ科 ムベ属
場所:大花壇周り

ムベの実がたくさん生りました。
緑色が、徐々に紫色に変わってきます。アケビと似ていますが、ムベの実は熟しても裂けることはありません。葉の数は木が生長していくにつれて3枚、5枚、7枚と増えていくので昔から縁起の良い木とされています。


屋外植物園 2018.10.10


ホトトギス

分類 ユリ科 ホトトギス属
場所 水車小屋の横

花は星の型で、特徴的な斑点が入ります。
若葉や花にある斑点が、鳥のホトトギスの胸の模様に似ているからこの名がつけられました。植物のホトトギスは漢字で「杜鵑」、鳥のホトトギスの方は「不如帰」と書きます。


屋外植物園 2018.10.10


ビナンカズラ

分類:サネカズラ科 サネカズラ属
場所:大花壇周辺

真っ赤な丸い集合果をつくります。
本名はサネカズラで、別名がビナンカズラといいます。名前の由来は、昔つるから粘液をとって整髪料に使われていたからです。


屋外植物園 2018.10.10


キンモクセイ

分類:モクセイ科 モクセイ属
場所:園内各所

秋に小さいオレンジ色の花を沢山咲かせます。
良い香りを放ち、一部成分のY-デカラクトンはモンシロチョウなどを寄せ付けない作用があります。 中国南部原産で江戸時代に日本へ渡来しました。観賞用に庭木として植えられることが多いです。花はお酒に漬けたり、お茶に混ぜられたりします。1990年代前半までおトイレの芳香剤としてキンモクセイの香りが人気であったため、一部年齢層にはトイレを連想させます。 秋の季語です。



屋外植物園 2018.10.03



サンザシの実

分類:バラ科 サンザシ属
場所:ふるさとの雑木林

白い花がヒメリンゴのような深紅色の果実へと変化します。
この実は古くより中国で漢方薬として珍重されてきました。日本では観賞用としても愛されています。


屋外植物園 2018.09.21





コスモスいっぱい!秋の大花壇


9月に入り大花壇の装いは秋色に変わりました。
コスモス、ジニア(ヒャクニチソウ)、バーベナ、ケイトウなどの草花が植えられています。今年は噴水周りにミレットやトウガラシを植え、花壇の一番外側をコスモスいっぱいに埋め尽くす秋らしい花壇となっています。 11月上旬までこの姿をおたのしみいただけます。


温室 2018.08.09





サガリバナ

分類:サガリバナ科 サガリバナ属
場所:ランの部屋

海岸近くのやや湿潤な場所に生育する常緑の小高木です。
夏場、直径4cmくらいの白からピンクの花を咲かせます。
夜8時ごろから開花し始め、翌朝には落花してしまう一夜限りの花で、良い香りがします。 夜行性植物ですが、曇の日などは朝も見ることができます。

大温室 2018.07.04



バナナ

分類:バショウ科
場所:大温室

高さが数メートルにもなり「バナナの木」と言われますが、幹は木質化しておらず、草に分類されます。高く伸びた茎のような部分は偽茎と呼ばれ、実際には、葉鞘が幾重にも重なっています。大温室には6種類のバナナ(ホクショウバナナ・フイリバナナ・アカミバナナ・サンジャクバナナ・シマバナナ・センナリバナナ)があります。色々なバナナが咲き始めているので、順次お楽しみください。 みなさんが食べているバナナは青いうちに収穫され、20℃前後の室という部屋で追熟したものですが、なるべく長く自然な状態でごらんいただけるように収穫しません。1本づつ熟していく様子をお楽しみください。