HOME事業案内

当法人の事業について

特定非営利活動法人 三河ダルク

特定非営利活動法人 三河ダルク(ダルク/DARC:Drug Addiction Rehabilitation Center)は、「薬物やアルコールなどの依存症から回復したい」と望む人たちの手助けをすることを第一の目的とした依存症者のための回復支援施設です。私たちは主に以下の3事業を柱にしながら、依存症に関連する諸問題に日々取り組んでいます。

    日中活動支援(デイケア)事業

  1.  三河ダルクデイケアセンターは、ミーティングによるグループ・セラピー、農作業やニューズレター作りなどの軽作業、ウォーキングやサーフィンなどを採り入れた運動プログラムなど、アルコール依存や薬物依存によって蝕まれた心身の健康を取り戻しながら、心身的、社会的、霊的にも回復へと向かっていくための日中活動の場です。
    詳しくはこちら
  2.  また、西三河OKAZAKI(岡崎)事業所では、岡崎市を拠点に西三河地域における家族および当事者へのサポートを行います。さらに、豊橋市の三河ダルクデイケアセンターとも連携をとりながら、それぞれの事業所の特徴を活かしたプログラムによって回復のために必要な支援を行っていきます。

    共同生活支援(ナイトケア)事業

  1.  三河ダルクが運営する共同生活援助事業所「スカイハウス」では、依存症の当事者同士が互いの経験を分かち合いながらサポートし合う“ ピア・サポート ”原則とし、ダルクのプログラムで回復を続けるスタッフが回復への道のりを支援します。共同生活を行うことにより、依存症者が感じがちな孤立感や焦り、不安感などを一人きりで抱えすぎることなく、仲間や社会との協調性を養いながら自立・回復への道を歩んでいきます
    詳しくはこちら

    相談支援/予防・啓発事業

  1.  依存症によって生ずる影響は当事者のみにとどまらず、家族や周辺(職場や友人関係など)にも様々な困難をもたらします。福祉、医療、行政など、様々な専門機関と連携しながら、ご家族や当事者だけでは見えづらい解決への糸口を一緒に探していきます
    また、拘置所・刑務所内で行われる薬物離脱教育や学校・各種団体が行う薬物乱用防止活動への講師派遣、病院へのメッセージ活動など、社会に向けたアルコール・薬物問題の啓発活動にも注力しています。
    詳しくはこちら

「特定非営利活動法人 三河ダルク」の概要

[ 三河ダルク デイケアセンター ]
住所
 〒440-0871 愛知県豊橋市新吉町73先 大手ビル E-104 [ Google Map の地図はこちら ]
TEL/FAX
 0532-52-8596 / 同左
代表者
 理事長 松浦良昭
設立年月日
 2006年1月15日 ( 法人認証 2009年10月22日 )
E-mail
 mikawa_darc@yahoo.co.jp
[ 三河ダルク 西三河OKAZAKI事業所 ]
住所
 〒444-0860 愛知県岡崎市明大寺本町3丁目12 善隣センタービル3F
  [ Google Map の地図はこちら ]
TEL/FAX
 0564-64-2349 / 同左
開設年月日
 2014年12月1日(2016年9月1日移転)
E-mail
 mikawa_darc_west@yahoo.co.jp

このページのトップへ