ありがとうございます。 投稿者:sarada  投稿日:11月30日(火)22時19分42秒

200Aさん早速ありがとうございます。
的を絞って探してみようと思います。
まずは電話作戦で(笑)

やはり普通のガソリンでは無理なのでしょうか?
不純物が多いってことでしょうか?
教えていただきたいです。

RE:フュ−エルキャップ部分からエア漏れがして 投稿者:シゲボー  投稿日:11月30日(火)18時55分21秒

200ですとパッキン部分は外せますよね?
外してフューエル入口部分と擦り合わせてみてください
大きく隙間が開いてませんか?
もしあいてるようでしたら、一番目の細かい板ヤスリもしくは砥石で丁寧に磨いてみてください
このとき直角に擦る様にしてください。 ゴミがタンクに入りますが後でよく洗浄してくださいね
でも
パッキン見た目で老化してない様でも硬くなってる場合もあるんで先にパッキン変えたほうが
いいかも? もし他にキャップ持ってればチェックしてみるのもアリかな?
すいません、いいかげんな返事で。

200ランタン 投稿者:maru  投稿日:11月30日(火)15時47分30秒

圧は入るのですが、フュ−エルキャップ部分からエア漏れがして5分位置きにポンピングをしないと火力が安定しません!パッキンは老化していませんがこのような場合はどうすれば良いのでしょうか?またこのまま使用しても大丈夫でしょうか?宜しくお願いします。

タンクの錆取りについて 投稿者:シゲボー  投稿日:11月30日(火)12時59分39秒

re:ヨッシーさん
私のBBSにカキコありがとう御座いました。 又きてね!

錆取りの件ですが、色々錆取り剤を使って見ましたが、私の場合フレームの錆取りはサンポール
で行い洗浄後さらに花かさGタンククリーナー
タンク内は花さかGタンククリーナーのみを使ってます
大きなバイク屋さんには必ず売ってます。”南海部品”とか”FUTABA”など・・・

今の時期は、お湯(出来上がり40度くらい)で溶かして使うと反応が早いです。
んが
あまり濃すぎたり、長い時間つけておくと内部のコーティングも溶かしてしまったり
するので、半日おきに液を出して内部を確認してください。
この錆取り剤のいいところは、最後に皮膜を作ってくれて、錆の再発生を抑えてくれるところです。
私は、バイクにも使ってます。(元々バイク用なんですけどね)
古いタンクの場合錆がピンホールを埋めてくれていてそれまでOKだったのが、錆取りにより
ピンホール開通してしまう場合もあります。
もし空いてしまったら、瞬間接着剤を内部からたらし、ころあいを見て(これがテクニック)
「微妙」に圧をかけて見ます。 お試しあれ! 失敗してももう一回すればOK!

ポンピング 投稿者:maru  投稿日:11月30日(火)11時08分28秒

REX_STさん有り難うございます。後、またお聞きしたいのですが?2バーナーとランタンですが、いくらポンピングをしても圧がかからず点火がしません!これはジェネレーターを交換すれば良いのでしょうか?解る方教えて下さい。宜しくお願いします。

ランタンケース 投稿者:REX_ST  投稿日:11月30日(火)09時16分10秒

maruさん、こん○○は。

残念ながら当時は未だ#200A用のケースは発売されてなかったようです。
手元にあるコールマンのカタログ1954年1月版を確認してみましたが、やはりケースの記載はありません。

G.I&燃料 投稿者:200A  投稿日:11月30日(火)00時40分24秒

228Jさん、こん○○わ。


そうですか、私と全く同じ症状をご経験されたんですね!

知らないとは恐ろしいもので「ポンピングが足らないんだ」と思い込み一所懸命ポンピングを繰り返し、それでも正常な状態にならず思わず『チップクリーナーステム』が欲しくなったことを思い出します。

20回前後というポンピング回数は少ないと思われるかも知れませんが、騙されたと思って実践なにさってみて下さい。私も最初は『そんなに少なくて必要な吐出圧が確保できるのかな』と半信半疑でしたが、物は試しと思ってやってみたら大正解でした。


saradaさん、はじめまして。


『他の燃料』とは“レギュラーガソリン”ですか?
それとも「ガソリンスタンドとかでも売ってる所があるそうですが」との文面から察するに“工業用ホワイトガソリンの事を指されているのでしょうか?

後者であれば私はここ1年ほど使い続けています。
200Aを始めとするオールドランタン・ストーブなどに使用していますが、現在のところ不具合は出ていませんよ。

但しおっしゃる通り地域によっては入手し難いようで、スタンドによっては扱いはしていても売ってくれないところもあるようです。
又、価格もマチマチらしく人を見て値段決めをしているような印象すら受けます。

私の場合は友人が入手し易い立場なので、純正4リッター缶2個の値段で1斗缶を買ってもらっています。

>私の住んでる地域では入手困難です。

とのことですが、ご近所に工業地帯はありませんか?
その近辺にエネ○ス系列のGSがあれば扱っている可能性大です。

ご注意して頂きたいのはエネ○スは旧「○石」と「○菱」とが合併してできた「○石○菱石油」が母体となっており、元々が○菱系のスタンドでは取り扱いをしていないところが多いようです。

少々離れた地域にあってガソリン代をかけて買いに行くとしても、純正ガソリンとの価格を比較すれば結果的には安くつくのではないでしょうか。

燃料 投稿者:sarada  投稿日:11月29日(月)23時11分52秒

はじめまして、ランタンの燃料の事で教えてください。
コールマン220を使ってます。
他にもいくつかありまして(ランタン2個、ツーバーナー等)です。
燃料は全てホワイトガソリンで使うやつに統一してます。
コールマン純正のが良いとは思うのですが他の燃料だと
どうなるのでしょう?
ガソリンスタンドとかでも売ってる所があるそうですが
私の住んでる地域では入手困難です。
安く手に入れる方法とかありましたら教えてください。

(無題) 投稿者:maru  投稿日:11月29日(月)13時57分23秒

はじめまして。誰か詳しい方にお聞きしたいです。
私は200のランタンを持っていますが、その200と年代が同じケースを探しております!
ちなみに54年1月製です。後、この頃のランタンには購入時にケースは付属してあったのでしょうか?その当時、オプションでの付属ならば、同じ年代の物と揃えたく考えております。誰か教えて下さい!宜しくお願いします。

200Aさま 投稿者:228J  投稿日:11月28日(日)15時16分44秒

はじめまして。早速のレス有り難うございます!

拝読致しまして、全く同じ症状であるということにビックリいたしました。
確かに、燃料バルブを閉める時にマントルが「白く」輝きます。
あと、これまた確かにポンピングは着火前に50回ほどしていました。
つまり圧力が高すぎて燃料が必要以上に多く供給されるわけですね。
200Aさんの実践されたことを今度やってみます。
ご教示ありがとうございました。

Re:G.I.ランタンの燃焼について  投稿者:200A  投稿日:11月28日(日)10時57分16秒

228Jさん、はじめまして。


私も数ヶ月前に初めて252Aを入手した「GIランタン初心者」なので適切なお話ができるかどうかわかりませんが、自分の体験談を書き込みさせて頂きます。

OCFさんのオンラインショップで購入させて頂いたので品質には全く問題無い個体だったのですが、到着後の試験点火で228JさんのGIランタンと同じような症状に見舞われました。


全く同じ状態であるか否かは定かではありませんが、燃料バルブを全閉にする直前に急に明るくなりませんか?
暫く悩んだ末にこの掲示板の過去ログにGIランタンに関する書き込みがあったことを思い出し読み返してみたところ、どうやら着火前のポンピング回数が多過ぎた事に原因があるようでした。

そこで実践してみたのが

@点火前のポンピングは20回程度
Aジェネレーターを軽くプレヒートする(アルミなのでやり過ぎると溶けます)
B点火したら追加ポンピングを行う

という手順です。

これ以降、私の252Aは絶好調です。



RE: ガスカートリッジの国産化 投稿者:haru  投稿日:11月27日(土)21時56分15秒

REX_STさま
情報ありがとうございます。
部品の単体購入は(こちらの技術力の問題で)厳しいようですが、良心的な価格で
改造サービスを提供しているところを見つけることができました。
あとは、気に入った機種を手頃な価格で入手するのみと・・・

やっぱり、アルミ地金のタイプがかっこいいですよねえ。
元箱は無くてもよいのですが、○フオクでは結構な値がしますね。

G.I.ランタンの燃焼について 投稿者:228J  投稿日:11月27日(土)17時14分4秒

どなたか詳しい方教えてください。
G.I.252ランタンを手に入れ、分解掃除した後点火したのですが、どうも高温になってもガソリンの気化があまり進まないようで、マントルが暗めで、薄い炎がマントルを包む感じになります。
これは恐らく特殊なジェネレータが原因だとは思うのですが、252の燃焼はこんなもんでしょうか?
そんなわけは無いと思うのですが、ご経験のある方、お知恵をお貸しくださいませ。

RE3: LQ427のケロシン化 投稿者:REX_ST  投稿日:11月26日(金)21時55分27秒

> #220系のケロ化に関しては、少し前の投稿を参考にして下さい。
ん・・・・ 少し前って、9月の話題でしたね。
既にログ落ちしていますし、過去ログ倉庫にも有りませんねぇ〜。
近いうちに概略を纏めて投稿いたします。

RE2: LQ427のケロシン化 投稿者:REX_ST  投稿日:11月26日(金)20時51分49秒

mojoさん、こん○○は。

 #220系(B以降)を持っているならば、#LQ427をケロシン化するよりも容易に出来ますよ。
#220系のケロ化に関しては、少し前の投稿を参考にして下さい。

R55ジェネレータを指定しているカナダ・コールマン製のケロシン・テーブルランプが有るのです。それ故に先の投稿で「R55ジェネレータのままでも使えそうな気もするのですが、」と書きました。 只、R55ジェネレータも時代に因って装着されているガスチップが違うので、同一視して良い物か悩む所です。

RE: ガスカートリッジの国産化 投稿者:REX_ST  投稿日:11月26日(金)20時28分9秒

haruさん、こん○○は。

 国内で変換アダプターなる物を販売している個人又は企業があります。
一例として、Yahoo! オークション等で「つめかえ」で検索して、その方のWebページを見てください。

ガスカートリッジの国産化 投稿者:haru  投稿日:11月26日(金)01時49分6秒

みなさん、はじめまして

コールマンのピクニックストーブ系が気になり、購入を考えているのですが
日本では継続入手の不可能なUS仕様のガスカートリッジではなく、国内仕様の
ガスが使えるように改造したいと思うのですが、部品の調達先をご存知の方は
おられませんでしょうか?

この間から、色々と検索しているのですがなかなか見つけることができないのです・・・
皆様の中で、どなたか既にご経験のおありになる方がおられましたら、ぜひお知恵を
拝借したいと思い、書き込んだ次第です。
よろしくお願いいたします。

REX_ST さん、 投稿者:mojo  投稿日:11月26日(金)00時45分3秒

ご教授いただき、どうもありがとうございます。
それにしてもスゴイ頼もしい掲示板ですね!

完璧なアドバイスです、すばらしい!!!

RE: LQ427のケロシン化 投稿者:REX_ST  投稿日:11月24日(水)06時30分35秒

mojoさん、おはようございます。

LQ427のケロシン化ですが、#200A用ジェネレータのガスチップをQ77に装着する事で何とか成ると思います。 勿論、この時にはQ77ジェネレータ内の石綿を抜き取り真鍮やステンレスのメッシュに置き換えれば、後々メンテナンスが楽です。

何故に#Q77かと言えば、Q99では高価ですしカーボンが堆積した後のメンテナンスが厄介です。
R55ジェネレータのままでも使えそうな気もするのですが、ジェネレータの再利用が困難なので私自身は試してません。 R55をそのまま使用してトラブルが起きるとすれば、ガスが濃くマントルから炎があふれる事でしょう。 この症状もワンサイズ大きなマントルを使用すれば改善出来るような気もするのですが、ランタンのスタイルにはマッチしませんね。

お願い 投稿者:Morris 森下  投稿日:11月23日(火)10時38分53秒

日頃より 多くの皆様にFactory掲示をご利用いただき感謝申し上げます。
多くの皆様にお使いいただく上で、掲示板上にて他者を批判・抽象するの内容は余り良い気持ちの良い物ではありません。多くの皆様に気持ちよくご利用いただく環境作りを行わせていただくため、一連の投稿とは異質な内容等の掲載は削除させて頂きます。ご理解の程お願い致します。

LQ427のケロシン化 投稿者:mojo  投稿日:11月23日(火)03時10分28秒

ご教授、よろしくお願いし致します。
LQ427のタンクの容量から灯油が使えるといいのですが、ジェネレーターを流用・換えることでケロシン化はできないものでしょうか?
危険なようならそれも含めて教えていただければと思います。
変な質問でごめんなさい。



Re:大三リミテッド 投稿者:ワクタマ  投稿日:11月21日(日)06時46分23秒

スパンキーさん、ありがとうございます。
ご説明いただきましたサイトは当方も以前拝見させて
いただきましたので記憶にございました。
282Limited発売の経緯とか発売台数などはやはり
メーカーに問い合わせしなければダメなのでしょうね。
この前つれない返答をされたので再度問い合わせする
気になりませんのでネットで探してみます、それで分
からなければ諦める事とします。
情報ありがとうございました。m(_ _)m


大三リミテッド 投稿者:スパンキー  投稿日:11月20日(土)14時22分9秒

ワクタマさん、こんにちは。
『大三リミテッド』で検索かけると出てきます。
ひらいわさんのHPです。自分のつたない説明よりも
ずっと詳しい説明があります。

coleman 282limited 投稿者:ワクタマ  投稿日:11月20日(土)13時57分42秒

皆さん、こん**は。
しばらくご無沙汰していましたが表記の事でご存じの方いらっしゃいました
らご教授下さい。当方、表記のランタンを97年に購入し使用していますが
、このランタンに関する知識がほとんどありません。
過去LOGも検索したりネットサーフィンしましたがあまり詳しく解説され
ていないようです。
*現ロゴス社が日本コールマンと提携し日本国内のみで販売
と言う以外全く不明ですので関係サイトに問い合わせしてみましたが期待する
回答が得られませんでした。
些細な事でも構いませんので宜しくお願い致します。

よかった。 投稿者:228J  投稿日:11月13日(土)16時06分41秒

STさん、問題解決されたようでよかったです。
当方228ビッグハットは"J"しか持っていません。最初に手に入れた古いランタンが228Jだったので、そのままハンドルにしています。あの大きな傘を見てしまうと普通の傘のサイズが妙に小さく見えて、どうしてもビッグハットの方がバランスよく見えてきます。作りはサイズが大きい分大味と申しますか、ラフな感じはしますが、アメリカンでいいじゃないですか(^^; まあ、傘が大きいだけでキャリングケースも大きく無駄だらけなんですが、そこがまた可愛いといいますか、、。
228Dいいですね〜。旧型の背の高いベンチも味があっていいと思います。たしか"E"までが旧ベンチで300CP、"F"からが新ベンチで400CPだったと思います。そして"H"からはフレームの取り付け方が変更になり、簡単に分解出来るようになったそうです。僕の知っている情報は、こんなもんです。美しい228D見つかるといいですね。僕は母のバースデーランタン3/1928の"220"or"228"を探しています。

228Jさん ありがとうございます 投稿者:ST  投稿日:11月12日(金)01時04分23秒

228Jさん
早速のご教授ありがとうございました。
結果から言いますとリュブリカントをポンプカップに直接つけてちょっと広げただけで、圧がかかりました。ご指摘ありがとうございました。
実は今までリュブリカントって何の役を成すのかあまり理解せずに「潤滑油なのかなーなんて程度に」使っていました。今回、リュブリカントの役割を改めて理解しました。(リュブリカント様ありがとうございました)
ところで、228Jさんて、名前の通り228系をきわめているのでしょうか。。。。。
自分は、最近ひかりものに惹かれていまして次は228Dを狙っています。なのですが、220、228系はあまり日本では人気が今ひとつの気がします。自分も81年製の220Kを持っているのですが他系のランタンに比べて作りが雑と言うか、タンクの塗装がすぐ剥がれます。
228Dについて、何かご教授いただける点がありましたらお願いします。


202 投稿者:228J  投稿日:11月11日(木)00時23分24秒

STさん
202ゲットおめでとうございます。
圧がかからないとのことですが、ポンプ部への注油(純正リュブリカントがいいです)はされていますか?ポンプ部が乾いていると、圧がかからないことは良くありますよ。まずはそこから確認してみてください。
ポンプが正常に空気を送っているのに圧がかからないのは、給油口やバルブアッセンブリーなどからの漏れ、タンクそのものからの漏れ(サビでピンホールが開いている等)などが考えられます。

焼きました。 投稿者:jimmy  投稿日:11月10日(水)00時39分33秒

今週末まで我慢できず、今日仕事を終えてから急いで帰りジェネレーター焼きました。
前回は中のコイルを抜いてみなかったんですが、今日ジェネを全部ばらしてみると黒い粘ついた固まりがコイルの隙間にひっついていました。これがカーボンなんでしょうか。
とりあえず注意しながら全部焼いてみました。ジェネの筒もチップもコイルもニードルも。ジェネの筒とチップは問題なく焼けましたがコイルとニードルはGIさんとスパンキーさんのご指摘通りかなり注意が必要だとわかりました。ニードルは少しあぶる程度でやめてブラシでこすってきれいにしました。コイルは赤くなるまで焼いてしまうと自身の重さでクニャッと曲がり、熱をさました後は金属の質が変わってしまったような感じがしました。焼く前は”バネ”だったんですが焼いた後は”ハンダ”の様に形を自由に変えれるようになってしまいました。次回は焼きすぎないように注意するか、GIさんに教えていただいたサンポールなどで洗浄する方法でやってみようかと思います。
何はともあれ、非常に楽しかったです。今日は288と2000をやったんですが、共に見事点灯いたしました。ありがとうございました。次回は200Aと413Hです。がんばります。

圧がかかりません。 投稿者:ST  投稿日:11月10日(水)00時00分26秒

はじめまして、まだランタン歴が浅いもので皆様にお聞きしたいと思います。先日、55年製の202を入手したのですが、圧が全くかかりません。ポンプカップが結構へたっていたので別の200Aのわりと新しいポンプノブに変えてやっても手ごたえスカスカです。これは、チェックバルブが原因なのでしょうか?また、何が原因かわかる方法がありましたらご教授ください。よろしくお願いします。

ジェネ メンテ 投稿者:スパンキー  投稿日:11月 9日(火)01時06分55秒

GIさん、
自分がメンテを始めて間がない頃、チップをラジオペンチでつまんで、
バーナーで炙り、真っ赤になっていくのを、隕石が大気圏に突入してくる様を
思い浮かべながら見ていた時、いきなりチップが溶解し、クチャっとペンチの
先で潰れてしまいました。えぇ〜どうして〜!?よく考えたらわかることなの
ですが、実際に体験すると二度としません、こればっかりは。

jimmyさん、
真鍮のコイル(バネ)はバーナーで炙っても構いませんが、アルミのコイルは
炙らない方が無難です。少しぐらいなら大丈夫ですが、カーボンを焼こうと
ばかりに炙っていると溶けちゃいます!
真鍮のコイルでも、炙りすぎると、クニャっと飴のように曲がります。
GIさんがお勧めのステンメッシュ代替案も良い手だと思います。
自分は、ニードル(先に針のついたもの)は、まな板など平らな物の上に置いて、
真鍮のブラシで、根元から先に向けて擦ってカーボンを落とします。針を折らな
いために向きを守って下さい。

ジェネレーター焼き 投稿者:jimmy  投稿日:11月 9日(火)00時03分23秒

GI様、スパンキー様、ありがとうございます。
スパナでもレンチでもメガネレンチでも、ナットが回ればそれでいいと思ってましたが工具にも向き不向きなどがあるんですね。確かにメガネレンチだとナットをなめずに楽にゆるめることができそうですね。勉強になりました。ありがとうございます。メンテ用の工具を揃えたくなってきました。

今週末にでも”ジェネレーター焼き”やってみたいと思いますが、中のバネのようなものも焼いてしまってもいいんでしょうか?針がついてるものはGIさんのやり方のサンポールあたりできれいにしてみようと思います。
結果はまたご報告させていただきます。



スパンキー様 投稿者:GI  投稿日:11月 8日(月)22時28分45秒

ご指摘、ありがとうございます。

>スパナは特殊工具です。基本はメガネレンチです。ケーブルの途中にあるアジャスターなど、オープン工具でないと工具その物が入らない場所にのみ、スパナ等を使います。

 メガネレンチは確かにベストですね。堅くしまったナットをなめずに緩めるにはスパナにはかなわないでしょう。スパナは「特殊工具」なのですか。。。勉強になります。ありがとうございます。


>OKはOKなんですが、加熱しすぎると、段付きになっている部分や先端のチップも溶解します。

  溶解してしまいますか。やりすぎるとやばいのでしょうか。ちなみに私は過去今まで真鍮が溶解してしまったことはありません。赤くなったらすぐに止めれば問題ないのでしょう。

メッシュはGIストーブを参考しました。東急ハンズで買ってきました。鋏で簡単にカットできます。




横レスすみません 投稿者:スパンキー  投稿日:11月 8日(月)21時42分53秒

GIさん、

>スパナでバラバラにするのが基本です。

申し訳ないですが、これは間違いです。ご存じない方が圧倒的に多いので、
そう思われるのも仕方ありませんが、スパナは特殊工具です。基本は
メガネレンチです。ケーブルの途中にあるアジャスターなど、オープン
工具でないと工具その物が入らない場所にのみ、スパナ等を使います。


>真鍮を真っ赤に焼いてしまってもOKです。

OKはOKなんですが、加熱しすぎると、段付きになっている部分や先端の
チップも溶解します。


ステンメッシュ代替案はいいですね。GIストーブに使われているのに、
すっかり忘れていました。

ジミーさんへ 投稿者:GI  投稿日:11月 8日(月)20時43分13秒

参考になるかわかりませんがひとつの方法として書かせていただきます。
とりあえずジェネレーターを外してください。そしてポンピング、バルブを開いてガソリンと空気がジョボジョボ出ればOK.原因はジェネレーターのつまりと思います。これで出なければもう少し大げさな分解になります。
ジェネレーターはスパナでバラバラにするのが基本です。そしてカーボンを家庭用ガスで焼いてしまうのが早いと思います。真鍮を真っ赤に焼いてしまってもOKです。ここで気をつけるのはジェネレーターのニードルが付いている針は焼くと溶けてしまうのでこれは別の方法でカーボンを取ります。他の取り方としてはサンポールの酸で溶かす、車用キャブクリーナーの使用、ピカール等の金属磨きです。   またジェネレーターの中に紙筒が入っているのもありますが、私はこれをステンレスメッシュ(ガーゼより細かいメッシュ)を丸めて挿入し、代用しています。
今後の予防としては車用のガソリン添加剤(カーボン除去剤)をカーショップで購入し、ガソリンに混ぜて使用しています。これなら赤ガスでも結構いけますよ。
他にもいい方法があると思いますので先輩方の投稿をお願いします。

ジェネレーターの清掃?洗浄? 投稿者:jimmy  投稿日:11月 8日(月)14時32分11秒

どうか教えてください。
何度目かの投稿になりますjimmyと申します。
燃料代をケチって質のよくないガソリンを使ったせいか、我が家のガソリン機器が軒並みダウンしております。200A、288、2000、413Hの4台です。症状はジェネレーターの先からガソリンが出てこないというものです。何か詰まったような感じです。ジェネレーターだけを清掃すれば復活するとは思うんですが、こちらの記事を拝見していると他の部分へも悪い影響を与えていそうでちょっと心配になってきたんですが....
とりあえずジェネレーターの清掃?洗浄?をしたいと思っています。その方法と必要な器具なんかがありましたら教えて頂けないでしょうか?
部品を交換すれば済むことかもしれませんが出来れば自分の手で直してやりたいですし、もとはといえば燃料代をケチった私が悪いんですし.....
old colemanといえるのは200Aだけですが、どうぞよろしくお願い致します。

御礼 518Eの点火方法 投稿者:セロー  投稿日:11月 6日(土)18時18分42秒

MMR様はじめ、皆様方、おかげさまで問題をクリアでました。MMR様の助言をもとに、ウイック部のアルミパイプのエアーブローを行ってみました。(詰りがあったかの事前確認はできませんでしたが)その後、明らかにガソリンの染込み具合が早くなり、点火後の立ち消えも無くなりました。これからの季節、このストーブで楽しませていただきます。ありがとうございました。


届きました。 投稿者:Pvt.Philip  投稿日:11月 5日(金)18時25分54秒

Morris様 ありがとうございました。注文した商品が先ほど届きました。
これで527が直せます。
こんな事を書くときっと”?”状態でしょうね。
また、困った時には部品を発注しますのでその時にも宜しくです。

キャタリックヒーター510 投稿者:chie  投稿日:11月 5日(金)17時43分36秒

228Jさんお答えありがとうございます。  バーナーとタンクの間にある真ん中の汁受け状のリングはくるくると回ります。固定はされていません。使用には問題ないのですが、何の為にあるのかわかりません。一体何のために付いているのでしょうか???

キャタヒーター 投稿者:228J  投稿日:11月 5日(金)11時35分57秒

chieさん
恐らくそれはウィック(芯)をタンクに固定するために必要な部分で、パーツ的にはウィックと一体型になっているものではないでしょうか。しかし510ってありましたっけ?僕の勉強不足のようで、ちょっと型のイメージが出来ないのですが、、513や515、518でしたら米コールマンHPに詳しい分解図がまだ残っていますのでご参照ください。
http://www.coleman.com/coleman/parts/product_category2.asp?category_id=920

キャタッリックヒーター 投稿者:chie  投稿日:11月 4日(木)23時28分35秒

先日オークションでキャタリックヒーター510を落としたのですが、使い方はわかるのですが、バーナーとタンクの間にある真ん中の汁受け状のリング(芯みたいなものがついているのですが)は何の為に付いているのですか?当方初心者のため良くわかりません。ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

518Eの点火方法 投稿者:MMR  投稿日:11月 2日(火)03時18分48秒

セローさん完全着火出来るようでよかったです。私の持っているのも滲みが出るまでけっこうかかるものがあります。製品にばらつきがあるのでしょうか? バーナーヘッドをはずしてウイックの所にアルミのパイプが付いていますが、詰まっていないか確認して下さい。"消える前にさらに逆さまにして(危険!?)" 私はやったことがないので分かりません。諸先輩方いかがなものでしょうか、ご教授お願い致します。



ありがとうございます 投稿者:セロー  投稿日:11月 1日(月)20時33分54秒

MMRさんこんにちわ。アドバイスありがとうございます。
私の行っていた点火方法に、どうやら間違いはなさそうです。炎が無くなった直後は暖かく、石綿の内側に火種も確認できますが、15分程で消えてしまいます。消える前にさらに逆さまにして(危険!?)30秒程、更にガソリンが石綿上に滲む位にしてやるとその後は完全着火、後は大丈夫みたいです。ちょっと気になるのは、MMRさんのおっしやるように、点火前に逆さまにするのですが、ガソリンが石綿上に確認できるまでに15秒程、5センチ位の滲みとなるまでには30秒以上かかります。なにか不具合によるものでしょうか?情報がございましたら、今後ともよろしくお願い致します。

518Eの点火方法 投稿者:MMR  投稿日:11月 1日(月)01時11分35秒

セローさんはじめまして。518の点火方法ですが、白ガスを入れてからキャップを閉めて4〜5秒位逆さまにします。すると金網のある面にガソリンが滲んできます。もし滲んできませんでしたらもう一度逆さまにします。直系5センチ位の滲みができましたらそこにライター等で点火します。モクモクと黒い煤をだしながら赤い炎がでます。数分すると炎も無くなり暖かくなって来ます。こんな感じで点火出来ると思います。ただ、逆さまにした時に金網のある石綿以外からガソリンが漏れたときは原因が分かるまで点火しないで下さい。もしこれでも点火しないようでしたら、ウイックその他に原因があるように思えますので諸先輩方の御指導をお願い致します。説明がうまく出来ず申し訳ございません。