228F 投稿者:超初心者  投稿日: 6月30日(水)23時37分46秒

超初心者なんですが、先日オークションで228を落札したのですが、ランタンケースを買いたいのですが、大きさは他のどれと同じサイズになるのでしょうか?
 ちなみにまだ、228が届いていないため解りません、どなたか教えていただけないでしょうか?

ありがとうございますMMRさん、カナダ一番さん 投稿者:EMPIRE  投稿日: 6月30日(水)23時28分54秒

貴重なご意見、たいへん有難うございます。
私、カナダ一番さんのおっしゃる通りケロシンの扱いは、まったくはじめてです。ご指摘の通りプレヒートはトレーにアルコールを入れて着火しあまり長くはプレヒートしませんでした。
早速ご教授いただいたことをやってみようとおもいます。それからついでで申し訳ないのですが、バルブレバーの反対側についている針金をぐるっと曲げたレバー状のものは何のための
ものでしょうか?初歩的の質問で恐縮ですがあわせておしえていただけないでしょうか。
それから、灯油は家庭用のものではだめでしょうか?白灯油がアウトドアショップにおいてないようなのです。  どうかよろしくお願いします。

RE:EMPIRE  投稿者:カナダ一番  投稿日: 6月30日(水)10時03分16秒

はじめまして、EMPIRE さん、MMR さん。
EMPIREさん、ケロシン燃料は、はじめてですか?もしはじめてであればMMRさんが仰るようにプレヒート時間の不足による生ガスリークによる症状だと推察致します。例えばペトロマックスなどの代表的なケロシンランタンはプレヒートの為のトーチを装備していて、それを持ってしてプレヒート時間は1分から2分と言われております。ですからモデル237ついてもチャッカマンライターやトーチを使って充分にプレヒートしてやる必要があります。(アルコールトレーはついていますよね?)そして、点火のコツですが、加圧後プレヒート前に少しバルブを開きジュジュ音がしたところでバルブを締め、ジェネレータ内に生ガスを保持した状態でプレヒートをはじめてください。そうすればジェネレータ内の生ガスが気化されてマントルに火を近づければバルブを開けなくても点火します。この状態で少しずつバルブを開き状態を見ながら全開にして再加圧すれば完璧に点燈します。これはケロシン燃料だけではなくWG燃料でも同様の方法は有効で、ベンチレータやフレーム部に不完全燃焼によるカーボンが一切付かないと言うメリットがあります。お試しください。

RE:EMPIRE 投稿者:MMR  投稿日: 6月29日(火)23時11分13秒

久しぶりに出て来ました、EMPIREさん大火災になるのはプレヒートが不充分ではないでしょうか?もう少しプレヒートの時間を長くしたら大丈夫かと思います。又は、ガストーチでジェネレーターを暖めると早く炎が安定します。一度お試しを!それでもだめなら、諸先輩方の御指導をお願いします。

237EMPIREを復活させたい 投稿者:EMPIRE  投稿日: 6月29日(火)20時40分31秒

はじめて、投稿します。コールマン ケロシンランタン 237(もちろん中古)をゲットしたのですが、プレヒート後にバルブをひねって燃料を噴出させると、大火災になって火が安定しません。普通のガソリンランタンだとそのままバルブをいっぱいにひねれば、安定した灯火
になるのでしょうが、この場合炎が大きくなるばかりで、あげくにはマントルから燃料がたれ
て大火災になるようで、こわくてそれ以上バルブを開けることができません。どんなところが
わるいのでしょう?どなたか助けてください。

RE:502 投稿者:カナダ一番  投稿日: 6月24日(木)18時48分39秒

JYURAさん、こん○○は!
良かったですね!!やはり場所が場所だけに熱による錆が出易いのでしょうか。
錆落としに付きましてはこの掲示板に良く書き込みなさっているスペシャリストの方が沢山いらっしゃいますので、その方々からの書きこみを期待致しましょう。
では失礼致します。

502 投稿者:JYURA  投稿日: 6月23日(水)19時25分12秒

カナダ一番さん。

はずれました!! 本当に有難うございました。
ガサゴソと異様な音とともに、回ってくれました。
すごいサビです、バーナーサポートはボロボロとサビが・・・
タンク部は意外なほど綺麗なので、クリーンアップ後が
楽しみです。

さてサビ落としですが、やっぱり花咲かGでしょうか?

それでは、

ありがとうございます 投稿者:JYURA  投稿日: 6月22日(火)19時32分14秒

カナダ一番さん。
アドバイス頂き、有難うございます。早速トライしてみます。
長い間、放っておかれた502、なんとか綺麗にし、
ずっと使い続けていきたいと思ってます。

先ほど、今週のアイテム掲載されましたね!!
いつも、これいいな、あれも、と思っているうち
SOLD OUT 予算とにらめっこしてるとあっという間に
売れちゃいます、はぁ〜 かせがねば!!

それでは、

訂正です:RE502分解 投稿者:カナダ一番  投稿日: 6月22日(火)19時08分4秒

JYURAさん、すいませんでした。訂正致します。バーナーボウル部ではなくてバーナー本体です。
バーナー本体が下部にてねじ込み式になっておりますのでそれを外せばバーナーボウルも外れます。失礼致しました。

(無題) 投稿者:カナダ一番  投稿日: 6月22日(火)19時00分42秒

JYURAさん、こん○○わ!(はじめまして)
バーナーボール部はねじ込み式になっていたと思いますので、潤滑剤を根気良く充填しながら時計回りと反対方向に回してください。
たぶん取れますよ。

502 分解 投稿者:JYURA  投稿日: 6月19日(土)11時49分46秒

掲示板にお集まりの皆様。
はじめまして、JYURAと申します。

先日502を入手したのですが、バーナーボウルの錆がひどいので
クリーニングしたいと、分解しようとしてるのですが
ジェネーレータを抜き、バーナーをとめてる3本のビスを抜き
バーナーリングは取れたのですが、その先リングが乗ってたバーナー部(502-5261)がバーナーボウル(502-1221)から取れないのです。CRC556を吹きつけてもビクともしません。

バーナーサポートを止めてるネジは この下にあると思いますし、はずせるのは他に
なさそうなのですが、サビで固着してるのでしょうか?

あちこちHPを探したのですが、みつからず、悩んでしまいました。
なにかアドバイスいただけないでしょうか?

よろしくお願いします。


REX_ST 様ありがとうございます 投稿者:初心者  投稿日: 6月17日(木)16時27分49秒

そう言われてみると・・・。以前は軽かったです。確かにナットを両方とも締めました。それから・・・。一度締めたら馴染むまで無理とのアドバイスですのでがんばって回します。ありがとうございました。素人がやたらといじると壊れちゃいますね。

RE: 200Aのバルブが 投稿者:REX_ST  投稿日: 6月17日(木)02時17分37秒

初心者さん、こん○○は、

一度硬く締め込まれたグラファイトパッキンは、ナットを緩めても緩くなりません。ナットを僅かに緩めてバルブなりティップクリーナーステムを何度も操作して自然と馴染むのを待って下さい。馴染むのを待つと言うよりパッキンが減るのを待つのですが....

グラファイトパッキンはゴムのパッキンとは違い、ヨーロッパのストーブやランタンに使われている、鉛パッキンやアルミパッキンと同じと考えて下さい。

RE:バルブパッキン 投稿者:REX_ST  投稿日: 6月17日(木)01時47分38秒

tyumo さん、こん○○は、

グラファイトパッキンの状態、ひどいですね。
前の持ち主が、メンテナンスに失敗したのかな?

一応、パッキンの手配も何とかなりそうで何よりです。 どうしても入手に手間取ったら、私の手持ちを提供しようと思ってました。

アメリカに知人が居るならば、地元のショップを覗いてみてもらって下さい。 意外とオリジナルの Parts No.242-6201 バルブステムパッキンが入手出来るかもしれませんよ! また、Coleman USAで欠品になっている部品でも、ショップには残っていたりします。

No.242-6201とNo.118D6201では長さが僅かに違います。 Yahoo!オークションに現在No.118D6201が出品されてますが、その画像で確認することが出来ます。

もし、tyumoさんが今後#220や#228等をメンテナンスして行くならば、No.118D6201は幾つか持っていても損の無い部品です。#220,#228シリーズは、その構造からバルブASSYからバルブステムを抜き出そうとするとバルブステムパッキンを壊す危険性が高いです。

 最後に成りましたが、私が森下店長に遠慮して書かなかった事を書かせて貰います。
国内でNo.118D6201パッキンを入手する方法は有ります。
私は前回の投稿で「現行品にも使用されている」と書きましたが、それがヒントです。最寄のショップ等で#286Aか#288AのバルブASSYを注文してください。その部品からパッキンを抜き出すのです。パッキンの装着方法が#200Aとは違うのと、実際にランタンに装着された物よりも袋ナットの締め込みが緩く意外と楽に抜き出せますが、失敗する可能性がゼロでは無いのと、オークション等で購入するよりも高価になります。

RE:バルブパッキン 投稿者:tyumo  投稿日: 6月17日(木)00時40分47秒


 200Aさん、お返事ありがとうございます。

ナットを外してみたら、もう炭化したパッキンが砂のようにポロポロ出てきて、
押し出してみたら5つくらいに割れていました(^^;
 指でつぶしてみると粉々になってしまったので、再生は不可能なようでした。

 修理費はモノを見てから出すそうなので正確な価格はわからないのですが、
ラジカセの修理に、プーリーにひっかける輪ゴムの交換で部品代200円、技
術費6500円を取られたことがありますが、修理体制を整えておくコストを
考えると、メーカー修理はそんなもんだろうな、と思っています。

 森下店長さんからも、この部品の入手は国内では難しい旨教えていただきました。
諦めきれず、REX_STさんに教えてもらったとおり米国コールマンのサイトを見て
みると、

http://www.coleman.com/coleman/ColemanSpa/ProductImage2.asp?product_id=200A195

 11 118D6201 PACKING $0.55

55セント! 名前もそのまんまパッキンですね。
 米国内でしか購入できないようなので、あちらに住んでる知人経由で入手す
るよう手配することにしました。とりあえず20個くらい購入しとこうかと思っ
てます(^^;
 これでも、EMSを使っても送料分が突出してるので、こっちでは廃番になっ
てるものを中心に、メンテパーツを大量に発注しとこうと思っています。



バルブパッキン 投稿者:200A  投稿日: 6月15日(火)12時57分25秒

tyumoさん、はじめまして。

ボロボロに炭化していた・・・・との事ですが、このパッキンはゴムの類ではなくカーボンですから炭化しているように見えたのではないでしょうか。

>パーツ代金以外に修理費がかなりかかるとのことですので

う〜ん。。。。。
バルブステムを外してパッキンを除去するだけでそんなに修理代がかかるものか否か疑問ですね。

RE:RE:200A バルブASSY内のパッキンについて 投稿者:tyumo  投稿日: 6月15日(火)12時40分28秒

 REX_STさん、お返事ありがとうございます。

 仰る通り、バルブステムのナットは、バルブが回らなくなるくらい固く締めてもまだ漏れる
ので、外してみたらパッキンがボロボロに炭化していた・・・というわけです。
 さっそく問い合わせてみたのですが、パッキンのみの販売は行なっておらず、販売店経由で
修理に出すように言われました。
 といっても、パーツ代金以外に修理費がかなりかかるとのことですので、森下店長に相談して
みることにします。
 どうもありがとうございました。

200Aのバルブが 投稿者:初心者  投稿日: 6月15日(火)10時35分30秒

200Aで燃焼はするのですがバルブとティップクリーナーステム?がめちゃくちゃ回すに硬かったので決心して分解しようと専用レンチを使用してたらこちらも硬く何とか普通のレンチで外して(ティップクリーナーステムは外れず)良いのか悪いのかKUREのCRC-5-56で掃除をして軽くなったので取り付けますと途中までは良い感じだったのですが最後まで取り付けを終わるとまた少しはよくなりましたが、他のに比べるとかなり硬いんです。燃焼は無事に出来ましたが。軽くする方法や硬い訳など教えて頂けませんか。

RE:200A バルブASSY内のパッキンについて 投稿者:REX_ST  投稿日: 6月15日(火)00時02分35秒

tyumo さん、こん○○は。

 バルブASSY内の黒いパッキンがボロボロと言うのは、分解して確認したのでしょうか?
もし、バルブ部分からガスが漏れることから、そのように感じているのでしたらば、今一度バルブステム(バルブシャフト)を留めているナットを、様子を見ながら締め付けて下さい。 余りきつく締め付けると、バルブを回すにも渋く成り操作困難に成ります。

ナットを根元まで締めこんでも、バルブが軽く回ったり燃料漏れを起こすのならば、本当にバルブASSY内の黒いパッキンを交換しなければなりません。

以前は#242、#200と#220、#228では使われているバルブASSY内の黒いパッキンは微妙に長さが違い、部品番号も違っていました。 現在では、#220,#228で使われていたパッキンに統一され、現行品にも使われています。

ですから、この黒いパッキンの入手は可能です。国内では不明ですが、Coleman USAでは現在も部品供給されています。 コールマンジャパンへ問い合わせて入手出来なければ、この掲示板を設置して下さっている「Old Coleman Factory」の森下店長にご相談下さい。



 

200A バルブASSY内のパッキンについて 投稿者:tyumo  投稿日: 6月14日(月)19時25分21秒

 はじめまして。tyumoと申します。

かなり程度の悪い200Aを知人から譲り受けたのですが、このランタン、
バルブASSY内の黒いパッキン?部分がボロボロになっておりまして、バルブ
を開くとバルブ部分から勢い良くガスが出てきてしまいます。
 バルブASSYはもう廃番ということで注文できなそうなんですが、こ
のパッキン部分のみの入手は可能なのでしょうか。
 もしくは代替品、自作する方法があればご教授いただければ幸いです。
よろしくお願いします。


限定ランタンについて 投稿者:200A  投稿日: 6月12日(土)17時56分25秒

発売時期ですが、コールマンのHPには

>2004年12月に全国のアウトドア用品取扱店にて発売予定。

との記載がありました。

でも確かに「2005 Winter」の文字がありますよね。
今年の暮れに発売するので2005年の冬(1月)から使って下さい、とゆーことなのでしょうか・・・・・。

CJに聞いてみるのが一番手っ取り早いんでしょうね。

おーっとっと 投稿者:339  投稿日: 6月11日(金)22時32分37秒

初心者さん!訂正です。限定ランタンは2005年の冬だそうです。ランタンのアップを見たら2005 Winterの文字がハッキリと見えますね。今年のクリスマス商戦からが本番かな。

339様 投稿者:初心者  投稿日: 6月11日(金)14時38分20秒

ありがとうございました。もう少し調べればよかったです。すいませんでした

RE:コールマンテーブルランプ 投稿者:67camper  投稿日: 6月11日(金)03時01分4秒

REx_STさん 早速REを頂戴し有り難うございます。
お陰様で、疑問に思っていた部分がかなり解決しました。
googleから検索したサイトもみてみましたが、やはりご指摘のように基本的な取り扱い方法は了解事項のようですね。
テーブルランプに内蔵ポンプのものがあることも知りませんでした。(ランタンも新しいモデルしか所有しておらず、全て内蔵モデルでした。)グローブ、ハンギングロッドについてもご説明戴き有り難うございます。本当に勉強になります。
当時の使用説明書をメールしていただけるならぜひお願いいたします。
これからも宜しくお願いします。

http://mb.scatv.ne.jp/~masa10/coleman.html




RE:コールマンテーブルランプ 投稿者:REX_ST  投稿日: 6月11日(金)00時17分37秒

67camper さん、こん○○は。

 私は、Colemanの2マントルモデルが好きでテーブルランプも幾つか所持し、室内で使用したり戸外へ連れ出したりしています。

 さて、お尋ねの海外のWebページは、検索サイトのgoogleで「coleman lamp」と入れて、1ページ目にリストアップされるサイトとそこからリンクされているサイトを見て下さい。 ただ、詳しい使用方法のレクチャーが載ってるかどうか.....
と言うのは、使用方法等QUICK-LITE時代のランタンとランプは同じなのです。ですから、コレクターサイト等では、余程特殊なモデル以外既に了解事項だったりします。
一番良い参考書は、当時の使用説明書だったりします。 もし、67camperさんが読んでみたいのであればメールしましょうか?

◆ポンプ: Colemanのテーブルランプには加圧用のポンプが別に必要なモデルと、タンクに内蔵されたモデルが有ります。これは、古いランタンでも同じですね!
別に用意される加圧用ポンプのノブには穴が空いてませんので、自転車の空気入れのようにノブを握りポンピングするだけです。 そのポンプを当てる部分は、タンクに取り付けられた燃料キャップの頭です。 燃料キャップの頭にはネジ式に成ったパーツが付属してますから、このネジを2から3回転緩めてからポンプをあててポンピングし、終了したらネジを締めます。 ランタンやランプ用の専用ポンプは何もColeman製で無くても良くて、燃料キャップの頭にフィットさせれれば自転車の空気入れでも利用できます。

◆グローブ(その2):テーブルランプでのグローブは、可燃性物質が使われているシェードの保護に使われます。 勿論、シェードを使用しないで、グローブを取り付けただけでも、ランタンのように使用できます。 ガラスシェードは、燃焼中のマントルに穴が空いたりして噴出す炎で燃え出したりしませんので、グローブは使用しません。

テーブルランプを戸外に持ち出して使用する場合、虫が飛び込んだりしてマントルを壊さないか、グローブが無いと不安ですよね。 その為に、バグスクリーンと言うオプションパーツがありますが、入手は難しいです。 バグスクリーンの形状は、台所用品の金網の水切りの様な形状をしています。これをガラスシェードの下からかぶせて使用します。

私が、戸外でテーブルランプを使用していて、幸いな事に虫の直撃でマントルを壊したことはありません。 大きな蛾がマントルと戯れる事は有りますが、マントルの火に焼かれてランプを置いているテーブルの上に落ちます。

◆ハンギングロッド: テーブルランプのミキシングチャンバー部分(バーナーヘッド)から金属棒は、ランプを天井等から吊り下げて使用するときの部品です。この金属棒は、ミキシングチャンバーに捩じ込まれていて、取り外し可能です。 テーブルランプとして使用する場合に、金属棒が付いていると触れてランプを倒す可能性が高まりますので外して使用します。


 飲みながら書いている為に読みにくいと思いますが、ご容赦下さい。

RE:コールマンテーブルランプ 投稿者:67camper  投稿日: 6月10日(木)13時44分52秒

REX_ST有り難うございます。ご指導有り難うございます。本当に貴重な意見です。英語のWEBはどこが詳しいでしょう。特に操作の仕方などの記載があればと思うのですが・・・
それから、ランタンなら親指で穴をつぶしてポンピングしますよね。これらのテーブルランプでは特殊なブラス?のポンプが付属していますよね?あれってどうやって使うのでしょうか?また21Aのマントルが使えること、さらに紙のシェードとグローブを一緒に使うことなど知りたいことばかりでした。ではガラス製のシェードの場合はグローブは不要と言うことですね?さらにシェードの上から突き出た長い金属棒?は何でしょう?またどのように使うものでしょう?
差し支えなければ、また教えてください。

http://mb.scatv.ne.jp/~masa10/coleman.html


RE: コールマンテーブルランプ 投稿者:REX_ST  投稿日: 6月 9日(水)20時12分33秒

67camper さん、こん○○は。

 確かに、体系立て詳しくColemanのランプについて解説した日本語ページは見当たりませんね。英語で書かれたWebページならば幾つか存在しますので、検索してみて下さい。そこでは各種ランプやシェードを見る事が出来ますよ。

また、珍しいランプやシェードを見たければ、海外オークションをながめて下さい。

 さて、Colemanのテーブルランプと言いましても色々有ります。
◆タイプ :大きく分けると、加圧式と非加圧式のランプが有ります。

◆燃料  :ガソリンを使用するモデルと灯油を使用するモデル。そして、ジェネレータを交換する事によって、ガソリンと灯油のを使用できるモデルが有ります。

◆マントル:Colemanのテーブルランプの多くは2マントルで、現行のNo.21Aマントルを使用します。一部モデルでは、アラジン社のランプで使用しているようなコーンタイプの専用マントルを使用します。

◆グローブ:ペーパーシェードと共にグローブは使用されますが、ランタンのグローブフォルダーに装着する335グローブ、シェードフレームに吊り下げる形で使用するマイカグローブと330グローブをワイヤーフレームで囲って吊り下げるガラスグローブが有ります。

◆シェード:ガラス製と羊紙製そして紙製のシェードが有ります。サイズさえ合えばColeman純正に拘らないほうが幸せになります。

◆使用方法:Colemanのテーブルランプの殆どは、Colemanの加圧式灯油ランタンや古いQUICK-LITEランタンと扱いは同じで、ジェネレータの余熱を必要とします。 手始めに一台と言うならば、ランプのバルブ部分から上が#220シリーズに似たモデルが、扱いやすくて良いでしょう。

コールマンテーブルランプ 投稿者:67camper  投稿日: 6月 9日(水)11時00分10秒

ランタンについてはそれなりに取り扱いができるようになったのですが、それ以前のコールマンのテーブルランプについてお教えいただけないでしょうか?
取り扱い方、燃料、マントル、シェード、グローブなどなかなか紹介されているweb
が無く困っています。どんな情報でもOKです。よろしくお願いいたします。

シーズンズランタン 投稿者:339  投稿日: 6月 8日(火)22時57分16秒

初心者さんこん○○は。コールマンの限定ランタン「シーズンズランタン」ですが、6月9日から申し込み受付開始ですよ。先行予約分が500台でその後に一般販売がなされるようです。
別の掲示板でも既に話題となっていますが、今日見た情報では先行予約の人気いかんで生産台数を決めているらしいとか?それと、2004年冬シーズン限定モデルとなるので販売は12月あたりからだそうです。色は茶色で好みが分かれるところですが私は好きですね。
http://www.coleman.co.jp/regi/mm/vol5/vol5.html

本当ですか 投稿者:初心者  投稿日: 6月 8日(火)10時34分27秒

今月よりコールマンの限定ランタンの申し込み受付が始まるとwebで見かけたのですが本当でしょうか、もし本当ならどんな方法で申し込めるのでしょうか。コールマンのHPにも掲載されてないのでどなたかご存知なら教えて頂けませんか

ありがとうございます。 投稿者:hebosuke  投稿日: 6月 8日(火)02時07分49秒

初心者13号さんアドバイスありがとうございます。週末でもクリーニングしてみようかと思います。まだ、わからないことが沢山あります。初心者13号さん、常連の皆さん投稿の際はよろしく
お願いします。

ジェネレータ交換時期 投稿者:初心者13号  投稿日: 6月 7日(月)19時30分27秒

hebosukeさん,こんばんは
私の経験はハンドル名のような者ですが,参考になればと書いてみます。
ストーブとランタンでは違うと思いますが,ランタンの場合,
5晩程度使用したら,ジェネレーターをはずし,中をクリーニングします。
長く使い続けると,内部に煤(タール)が固着して,燃料の通りが悪くなり暗くなります。
こまめな点検と掃除を怠らなければ,結構長く使えるのではないでしょうか・・・
後は,常連の皆さんのフォローをお願いいたします。

339さん,カナダ一番さんピンホールの件では貴重な情報ありがとうございます。
ピンホールさんの助言に従い,公衆の中での使用は控えます。

REピンホール 投稿者:339  投稿日: 6月 7日(月)10時40分58秒

カナダ一番さん、レスが遅くなって申し訳ありません。変成シリコン系の接着剤ですか?私はこの商品に付いて知識を持っておりませんがこれもかなり使えそうですね。
私が使用するウレタン系シーリング剤はPOR−15タンクシーラーと言うもので文字通りタンクのシーリングに使用します。ピンホールも完全に塞ぐそうなのですが加圧下での耐性に疑問点があったので#200タンクのピンホールを塞ぐ時には下にエポキシ樹脂を使用しました。
ご参考までに↓
http://www5a.biglobe.ne.jp/~suzakis/sub7.htm

ストーブの火が消えないので分解したら・・・ 投稿者:hk002951  投稿日: 6月 6日(日)14時48分57秒

掲示板、参考に拝見させて頂いてます。コールマンのアンレデッドツーバーナ「94年製414-700J」を愛用しています。先日使った時に、サブバーナのバルブを閉めても火が消えなくなったので、サブバーナ部を分解したところ、メインバーナのほうから来ている燃料パイプの穴を開けたり閉めたりする円盤型の板が内部で外れていました。その円盤型の版をバルブ調整棒に戻したのですが、その円盤が棒から外れないように押さえるための部品(棒の先端に付けるストッパ)が見つかりません。唯一、中に転がっていた部品として、針金を二巻きくらいした小さなスプリングのようなワッシャーのような部品が見つかりましたが、これがそうなのでしょうか?。バルブ調整棒の先端に丁度はまりましたが、これがストッパなのかどうか、私にはよくわかりません。近くにコールマンのショップもなく、どなたかわかる方おられましたら教えて頂けないでしょうか?

ゼェネレータ交換時期 投稿者:hebosuke  投稿日: 6月 4日(金)21時48分37秒

ジェネレータの交換時期を誰か詳しく教えて下さい。

RE:ピンホール:自分の場合 投稿者:カナダ一番  投稿日: 6月 4日(金)20時11分29秒

横レスですいません、339さん。
弾力性と言えば、2液タイプの変成シリコン系接着剤があります。(すいません、自宅外より書き込みの為商品名が分かりませんが、セメダイン製です)
この接着剤は本来引っ付き難い物同士(活性面)を接着する物なのですが、成分がシリコーンなので耐薬品性能はもとより、耐熱性能にも優れております。また、耐ガソリン性も良好で、特に弾力性能が抜群です。(硬化時の硬度は(ゴム硬度)約50°〜60°位です)
先日、とある事情でランタンを入手したところタンク(真鍮製)とバルブのハメ合い部分におけるナットが何故か供も回りして締まら無い状態でしたが、この接着剤を使用したところ見事にシールされました。今後、耐久性の点でどうかを検証してまいります。(同部分はハンギングする際やバルブの開閉時など一番力のかかるところなので..)
とりあえず10時間の燃焼試験では物性の変化は見うけられず現在のところ良好です。この次はフィールドでの実用テストを試みます。
また、レポートさせていただきます。最後までお付き合い頂き感謝!感謝!です。

Re:ピンホールの補修 投稿者:ピンホール  投稿日: 6月 4日(金)00時12分29秒

またお邪魔します。
初心者13号さんや339さんがとられた方法で復活はしたものの、キャンプでの実践は躊躇します。やはり心配ですね、特にキャンプでは、子供さんやお隣さんに迷惑(というかヤケドなどの事故)をかけるかも・・・・です。
難しいですね・・・オールドは好きだけど、実践はやはり自己責任ですから。
悩めるオールド好きでした。

ピンホール:自分の場合 投稿者:339  投稿日: 6月 3日(木)23時38分22秒

初心者13号さんこんばんは。
自分が試した事ですが、複数のピンホールが発生したカナダ#200メッキタンク、何かいいものは無いかとハンズで捜して見つけたのは流動性の高いエポキシ樹脂とウレタン系コーティング剤です。
エポキシ樹脂、硬化すればかなりの強度ですし密着性も良好、しかも耐薬品性に優れています。
しかしいかんせん弾力性に乏しいのでちょっと心配がありました。そこで硬化後もある程度の弾力性を保つウレタン樹脂をその上にコーティングして念を押しました。
このタンクを一度使用しましたが問題はありませんでした。但し一度しか使った事がないのでこの先ずっと大丈夫だと言う保証はありません。
参考程度に聞き流してください。

ピンホールの補修その後 投稿者:初心者13号  投稿日: 6月 3日(木)22時46分20秒

ピンホールさん,200Aさん,ありがとうございます。
よく調べるとタンクの裏に盛り上がりがあります。
試しに,ハンダごてを当てると熔けるではありませんか。
そうと分かれば,と言うことで。
本日,ダメ元で小型のガストーチで底をあぶりハンダを
ドライバーで削り取ると,もう一つピンホールが現れました。
いっそうのことと,底を全てサンダー掛けを行い綺麗にして。
ハンダをトーチで炙ってまんべんなく塗り込みました。
見た目は悪いが裏だから仕方がないと諦めます。
先ほど組み付け試験点火1時間行いましたが今のところ問題ないようです。
今晩加圧して放置しておき,明日様子を見てみます。
もし漏れが止まったとして,今後のことを考えるとガソリンの使用は考え物かも知れませんね。
ピンホールさんのおっしゃることが正しいのかも。
検討してみます。

Re2:ピンホールの補修 投稿者:200A  投稿日: 6月 3日(木)14時24分44秒

初心者13号さん、こんにちわ。

錆びを除去した後にガソリンが漏れ出したとの事ですが、ピンホールがサビのお陰で上手い具合に塞がっていたのだと思います。ですからフタの役目をしていた『サビ』が無くなってしまった為ピンホールが現れたのではないでしょうか?

このピンホール。
私自身は経験ありませんが、知人はタンクの底部を丸ごと切り取ってしまい他のランタンから移植するという方法をとっているそうです。
技術と知識と道具を必要とするようですから、こちらの森下オーナーにご相談されてみては如何ですか?


それと真鍮タンクですがおっしゃる通りスチールより柔らかいです。
メンテナンスでバルブアッシーを外す際にあまり力を入れすぎるとタンクが変形するそうですのでご注意を・・・・・。

Re:ピンホールの補修 投稿者:ピンホール  投稿日: 6月 3日(木)00時07分19秒

経験あります、ケミカル剤で洗浄後、ピンホール発見!!(というか穴があいた)
私は、この時点で諦めます。溶接という手がありますが、お勧めできません。
オリジナルにこだわらなければ、同型のタンクに取り替えてみてはいかがでしょうか?
復活すれば、もっと愛着がわくと思います。

ありがとうございます 投稿者:初心者  投稿日: 6月 2日(水)11時10分30秒

通りすがりさま、ありがとうございます。

ピンホールの補修 投稿者:初心者13号  投稿日: 6月 1日(火)23時44分34秒

皆さん・こんばんは
先週から50年前の200Aのメンテナンスを行っています。
手に入れたときは,フレーム真っ赤っか,タンクを覗くと,中がごつごつになっています。
早速,花咲かGで2晩かけて清掃完了,タンク内は銀色になりました。
その他のパーツはジェネレーターは死んでいたので,他のやつに一時交換しました。
全て清掃完了したので,組み付けてポンピング・・・・・
点火しようとライターを手にして,いざ点火,ちょっと待った,タンクの下からガソリンが漏れています。
すぐさま裏を返すと,タンク底から糸のようにガソリンが漏れています。
錆びサビの時,ガソリン入れて,加圧24時間放置しても漏らなかったのに・・・・
組み付ける前に,タンク空で加圧したときも,気がつきませんでした。
さてどうしたらよいのでしょうか,ご指導をお願いいたします。

先日カナダ物と米国物の違いで質問しましたが,
「カナダ物のオールドはタンクが真鍮で作られていた」と聞き及びますが,何時頃の物まで真鍮だったのでしょうか。
メンテ上,真鍮タンクの方が柔らかいけど,楽なのような気がしますがいかがでしょうか。

275マントル 投稿者:通りすがり  投稿日: 6月 1日(火)12時07分51秒

コールマンの275に合うマントルはコールマンの21Aです。
同社のツーマントルランタンは全て21Aとお考え下さい。

275用のマントルは 投稿者:初心者  投稿日: 6月 1日(火)11時56分27秒

コールマンのオールド2マントルランタン275を手に入れたのですがマントルはどのタイプを使用するのがベストなんでしょうか?いろいろ調べたのですがどうにもわからないので教えて頂けないでしょうか?