RE: むかしのランタンはこんな物か〜  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月28日(火)22時28分3秒
  ささぞ〜さん、こん○○は。

 フューエルチューブは確かに二重管のようになっていて、その中の錆び(緑青)を除去するには酸性のケミカル剤に頼るのが良いと思います。 二重管の間は空気の通り道で、もし完全に塞がってしまっても、点火時にジェネレータを予熱すれば点灯出来ます。

フューエルチューブで一番重要な部分は中心のニードルが通る部分です。 この部分が錆びや汚れによって燃料の通りが悪いと、点灯中に瞬いたり規定の明るさに成らなかったりしますし、タンク内のエアの消費も多くなります。 当然ですが、フューエルチューブを通るニードルも綺麗でなければなりません。

 むかしのランタンも捨てた物ではないですよ〜
ささぞ〜さんは#222の新品時の点灯状態をご存知だったのですね!
何月が経ってやつれる部分は、劣化するゴム部品と錆びる金属部品です。
金属部品の錆びはクリーニングすれば再生可能ですし、ゴム部品は交換すれば新品時の調子を取り戻せます。

#222よりも更に古い時代のランタンでは殆どが金属部品でゴム部品はフューエルキャップのパッキンくらいなので、調子を崩したランタンのメンテナンスもより楽だったりします。

#222のパーツリストがO.C.Fさんに掲載されてますので御紹介致します。
http://www.tees.ne.jp/~morris/222a_p.htm

このパーツリストは、現在販売店に常備されているリストと同等です。
部品の有無は実際にコールマン・ジャパンに問い合わせてみないと何とも言えません。
 


Re.ピーク1のポンプカップ交換  投稿者:MMR  投稿日: 2月28日(火)20時22分11秒
  久しぶりに出てきました、皆様こんばんわ。うり坊さんポンプカップにリュブリカントを付けていますか?何も付けていないとポンピングは難しいです。ある程度へたった革パッキンも指で開き気味にしてリュブリカントを付ければ復活すると思います。既にリュブリカントを使用してもポンプカップの端がめくれ上がるようでしたら、諸先輩の方にお願い致します。  


むかしのランタンはこんな物か〜  投稿者:ささぞ〜  投稿日: 2月28日(火)00時36分9秒
  200Aさん、REX_STさんこんばんは。フューエルチューブの中にはニードルは通っています。フューエルチューブの中は特に詰まってるとかはないです。気になるのはこのフューエルチューブが二重管の様になっていてその芯のパイプと外側のパイプの隙間が青錆の様な物で詰まっているようなのです。それは外側のパイプのバルブに近い側にエアーの取り込み口の様な丸い穴が開いていてそこからわずかですが、青錆が見受けられます。
この青錆をやっつけたいのが事の発端でした。
中学生時代にこのランタンを買って約24年近くも眠っていましたが、家族でキャンプに行くようになり、何とか昔使っていたランタンを復活させようと試行錯誤していた次第です。
ただ、昔の記憶ですが、こんなにボッボッボッと頻繁になっていた記憶が無いのでこれは壊れているのでは?と思い込んでの分解でした。(^^;
REX_STさんがおっしゃる通りこんな物なのかもしれませんね。なんせ古い物ですからね。
チェックバルブとパッキンとジェネレーターとその上の出口までの所は一応大丈夫そうですので後はフューエルチューブかと思い格闘してました。
最近購入したランタンがあまりに良くできているので比較しちゃったのかもしれません。

皆様色々教えて頂きありがとうございました。
一杯ポンピングして使ってみる事にします。
 


れ:積年のうらみ&ポンプカップ  投稿者:ま〜い〜ど〜!  投稿日: 2月27日(月)21時54分36秒
   285のジェネレーターですが、ニードルの先っぽがグシャグシャになってしまいました。今回のことで判ったのですが、ジェネレーターのバネはニードルの先っぽが真中になるようにあるだけのようですね。早速長さが一緒の220のバネとニードル(使い古し)に替えましたが、結果は良好です。
 ポンプカップですが、コールマンアウトレット(りんくう)で189円で売っています。小生も交通費等を考えてでオークションで買いました。
余談ですが小生もPEAK1STOVEを持っていましたが、ステムを曲げてしまい、今のようにインターネットが無く(部品も無く)、泣く泣く手放しました。
大事に使ってくださいね。
親父から譲り受けた236の革パッキンは20年程経ちますが、こまめに油を注していれば、まだ使えます(もうヤバイですけど)。
私見ですが、コールマンの品物で遮熱板(フューエルチューブが樹脂製の物)があるものはどうもダメですね。
285もなんとかっと思っているのですが、どうも好きになれません。
 


ピーク1のポンプカップ交換  投稿者:うり坊  投稿日: 2月27日(月)20時25分53秒
  初めまして。よろしくお願いします。私は古いピークワンストーブを使っているのですが、当初からの革パッキンがへたってしまいました。販売店では革製のカップはないとのことで、同等品のゴム製をすすめられました。ところが加圧をしたところ、ポンピングの時にゴムの「端」部分が反対方向にめくれ上がりポンピングができません。ゴムカップの後ろにワッシャーのような物があるのですが、どうもゴムカップと相性が悪いようです。ストーブ(80年2月)は新品から使っている物で欠品などは無いはずです。販売店に聞いても同じストーブは無く、「みなさんこれを買っていかれます」との対応です。みなさんはゴム製カップを普通に使っておられるのでしょうか。ご教示くだされば幸いです。とりあえず、私はネットで革製カップを購入しましたがどうも釈然としません。
 


Re:フューエルチューブの機能?  投稿者:200A  投稿日: 2月27日(月)14時09分6秒
  ささぞ〜さん。

私は222A(黒い222)を所有していますが、他の機種(200系や22×系)と比較しますとポンピングの頻度は高いです。

ところでチェックバルブや燃料キャップパッキンはチェックされましたか?
チェックバルブに不具合があったりパッキンが硬化していますと、そこからエア漏れを起こしてタンク内の圧を保持できなくなります。

もし未チェックでしたら1度ご確認下さい。
 


Re:Re:フューエルチューブの機能?  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月27日(月)09時28分48秒
  ささぞ〜さん、こん○○は。

フューエルチューブは機能しているみたいですね。

で、フューエルチューブ内にスプリングが無いタイプと・・・ なら、チューブ内にクリーニングニードルも無く、チューブ先端には小さな穴が開いているのかな?
この小さな穴が詰まり気味だと、タンクの圧を長く保持出来ませんし燃焼も安定しません。

ただ、#222の場合は元々が再ポンピングを何度も要求するタイプのランタンと聞き及んでるのですが・・・・
 


RE: GIストーブの件  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月27日(月)09時16分29秒
  タカ61さん、こん○○は。
M1950,#538共に所持していないので不確かな返答しか出来ませんが・・・・
ジェネや専用工具の共有は出来るのではと思います。
アルミケースに関しても、タンクの太さ等はM1950と変わらないでしょうから大丈夫でしょう。

※他のM1950及び#538所有者からの情報を待ちたいと思います。
 


Re:Re:フューエルチューブの機能?  投稿者:ささぞ〜  投稿日: 2月27日(月)01時32分31秒
  JPSさん、ありがとうございます。
わたしの222にはスプリングらしき物がどこにも見あたりません。っていうか、もとから無い構造のようなきがします。やっぱりフューエルチューブ交換しかないのかな?このフューエルチューブなんとか出来ないかなぁ〜
次は駄目もとでサンポール攻撃でもしてみます。
 


Re:フューエルチューブの機能?  投稿者:JPS  投稿日: 2月27日(月)01時25分36秒
  ささぞ〜さん、こん○○は。
私の場合別の機種ですが、フューエルチューブ内のニードルを動かしているスプリングが
ヘタって同じ様な症状が出た事が有りました。
 


GIストーブの件  投稿者:タカ61  投稿日: 2月27日(月)01時16分15秒
  REX_STさん、ありがとうございます。ご迷惑ついでに教えて欲しいのですが、M1950のシヴィリアンモデルということは、パーツ類は共用できるのでしょうか?例えば、ジェネや、専用工具、アルミケースなどなんですが、どうでしょう?  


フューエルチューブの機能?  投稿者:ささぞ〜  投稿日: 2月27日(月)00時09分29秒
  とりあえず一度組み立ててみました。ガソリンを8分目位入れて燃焼開始。安定して燃焼してます。
しかし、約30分位すると、5分に一回位ボッボッと言い出した為、ポンピング。また30位すると同じ感じでボッボッってなります。またポンピング。それから15分位でボッボッボッボッと不安定になりその状態が続きます。今度はポンピングしても不安定のままで、揺すってみても、バルブを回してみたりしても安定しません。火が消える事はないのですが・・・
そこで一度火を消して燃料の残を確認すると3分1位残っています。

これってやっぱりフューエルチューブがだめなのでしょうか?
なんとか直したいのですが・・・
 


RE: GIストーブについて教えてください。  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月26日(日)18時15分27秒
  タカ61さん、こん○○は。

 そのストーブの製造年代は分かりませんが型番は#538です。
有名なGIストーブにM1950ストーブがありますが、そのColeman製の民生品が#538です。

丁度、M1941の民生品が#530なのと同じですね。
 


GIストーブについて教えてください。  投稿者:タカ61  投稿日: 2月26日(日)17時44分29秒
  はじめまして。宜しくお願いします。先日オークションにて購入したのですが、型番や年式などがどこにも見当たりません。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞ教えてください。
 


RE: 出張より戻りました。  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月26日(日)16時08分25秒
  ささぞ〜さん、皆さん、こん○○は。

曲がってしまったフューエルチューブは機能しているのでしょうか? それとも形が有るだけで壊れているのでしょうか?

機能しているのならば、組み立ててしまえば見えない部分ですので、そのまま使用してはいかがでしょう。

形が有るだけで機能しない場合には、新しい部品を探されては如何でしょう。
もしかすると、コールマン・ジャパンにNo.222のバルブアッシーやフューエルチューブ又はその代用品が有るかも知れませんので問い合わせてみて下さい。

> この部品を再生するのは可能なのでしょうか?
技術のある修理人ならば、ロー付け部分のローを溶かし各パーツを分解・修理・再度組み立てたり、その部品を一から作り出す事も出来るでしょう。

技術の無い私の場合は、修理・再生を諦めパーツ探しにいそしみます(^_^;)
 


Re: 積年の恨み!  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月26日(日)15時51分10秒
  ま〜い〜ど〜!さん、こん○○は。

 良い情報を有難うございます。

 コールマン・ジャパンから各製品及び部品の値上げのアナウンスもあり、ランタンのジェネレーターと言えども近年は高価ですので、延命策はタイムリーな情報でした。
 


出張より戻りました。  投稿者:ささぞ〜  投稿日: 2月26日(日)10時48分14秒
  みなさまおはようございます。出張している間に皆様の貴重なご意見をいただきありがとうございます。
CRCさんがおっしゃる通りフューエルチューブ(フィードチューブ?)本体です。
ご指摘の通りよく見ると上下がロウ付けされているような気がします。

私の説明が悪くてすみません。

曲げてしまいましたが、反対に回して何とか形は保っています。ちょっと歪ですが・・・(^^;

この部品を再生するのは可能なのでしょうか?



Re:もしかして?  投稿者:200A  投稿日: 2月23日(木)21時05分24秒
  CRCさんの書き込みを拝見して私も気付きましたが
フューエルチューブ自体を分解する事はできませんね。

ささぞ〜さん

曖昧な表現をしてしまって申し訳ありませんが
私が『分解できます』と申し上げたのは
“バルブボディからの取り外しを行い、内蔵されているパーツが取り出せる”
という意味で【分解】という言葉を使わせて頂きました。
 


Re:もしかして?  投稿者:カナダ一番  投稿日: 2月23日(木)13時12分9秒
  もしかして?.....とすると分解は困難か?と思われますが。確か上下ロウ付けされておりましたよね?  


もしかして?  投稿者:CRC  投稿日: 2月23日(木)01時56分38秒
  みなさま、こん○○は。
ちょっと気になったのですが、ささぞ〜さんが、分解したいと申して居られるのは、
バルブアセンブリーからフィードチューブを外す事では無く、
フィードチューブ本体の事ではないのでしょうか?
 


Re:Re:イージーライト222(カナダ)  投稿者:カナダ一番  投稿日: 2月22日(水)15時36分28秒
  先程の書き込み内容で一部訂正させてください。
私、一方的にフィードチューブと断定した表現をしておりますがニードルを内蔵したフューエルチューブでしたらお詫び申し上げます。しかし分解の仕方は一緒だと思いますので根気よくお試しください。文面中思い込みによる表記ががございましたことお詫び申し上げます。
 


Re:Re:イージーライト222(カナダ)  投稿者:カナダ一番  投稿日: 2月22日(水)15時14分0秒
  久しぶりに書き込みいたします。
ささぞ〜さん、こんにちは(こんばんは)。
状況文面にて拝見いたしました。曲げてしまいましたか!?当該時期のイージーライトのバルブアセンブリーはご覧になったように円筒形のフィードチューブを有しております。独特な形状にて恐らく専用治具が必要になると思われますが、私の場合はポンプライヤーにて強引に挟み込んで回してしまいます。(当然傷は付きますが!)ここで問題になる挟み込む場所ですが、フィードチューブの上部(太い円筒形部分)がアルミ製のバルブ本体と接続しておりますが、この取り合いは捻じ込み式になっておりますのでフィードチューブの上部にプライヤーを挟み込み200Aさんが仰るように時計回り方向に回してください。相当硬いですが外れるはずです。チューブ本体(細い部分)をつかんでしまいますと簡単に捻じれる、もしくは潰れてしまいます。もし状況のように捻じれてしまったら丁寧に少しずつ変形を進行させないよう可能な限りもとの形状に戻さなければなりませんがはっきり言って再生させることは困難です。上部ホールが完全に潰れてしまっていると燃料の吸い上げが恐らく困難になるので、少なくてもこの部分の再生に集中してみてください。作業終わりましたら点火してみて安定して燃焼すれば良しとすべきでしょう。
次に、正常にフィードチューブとバルブ本体とが分離できた場合ですが、恐らくOリングの付いたチャッキベンが出現すると思いますが(ニードルが無いタイプだと思います)これを外しクレ556、パーツクリーナー、ホワイトガソリン等を使用し徹底的に洗浄を試みてください。この手のフィードチューブは燃料を入れたまま長い間放置してしまうと劣化した燃料がワニス化してチューブ内に付着し、燃料の吸い上げを妨げてしまうようです。以上簡単ですが私の経験より書き込みいたしました。成功されますことお祈り申し上げます。
ところで222のバルブアセンブリーはモーリスさんでも販売なさっていると思いますので森下店長様に御相談されることが一番かと思いますが如何でしょうか!?。
 


re:燃料とまりました  投稿者:いしはら  投稿日: 2月21日(火)23時35分46秒
  ユキオさん、修理完了おめでとうございます。
ステムを整形しましたか…やりますねぇ
修理すれば、いつまでも使えるのがオールドコールマンの良さですね。
私は243Aのサビ取り中です(^^;
 


222(カナダ)フューエルチューブ  投稿者:ささぞ〜  投稿日: 2月21日(火)23時08分33秒
  フューエルチューブ 分解しようとしましたが、分解できません。円筒形をプライヤーで挟み込み、時計方向に回すと、エアーの取り込み口の様な丸い穴の部分が変形してしまいます。初期のEASI-LITE 222-567のフューエルチューブは分解出来ないのでしょうか?ん〜困った・・・  


Re:Re:イージーライト222(カナダ)  投稿者:ささぞ〜  投稿日: 2月21日(火)22時31分29秒
  200A様レスありがとうございます。フューエルチューブ早速ばらしてみます。それとフレームももう一度よく確認してみます。虫は可能性大ですよね。がんばって復活させますです。
ありがとうございました。
 


積年の恨み!  投稿者:ま〜い〜ど〜!  投稿日: 2月21日(火)20時54分21秒
   初めての投稿です。いつも楽しく拝見しています。
古いコールマンが大好きなのですが、1つだけわが家には285があります。十数年前衝動買いした物です。
早速キャンプに使っていましたが、ジェネレーターが詰まり、分解掃除を行おうとしたところ、なんと分解できない!つまり使い捨て。
それからは余り使っていなかったのですが、なんとかできないかと長年思っていました。
 そこで今日、前から思っていたことを決行しました。
ここからは余り興味の無い人は省いてください。
まずジェネレーターのニードルを無理やりプライヤーで引き抜いて、中にある丸い円盤状の”つっかえ”のニードルを通す穴に(100円ショップの)ドライバーセットの先にネジの切ってあるドライバーを突き回してネジを切り、引っこ抜きました。
そして中をほじくるとなんとバネが無〜い。出てくるのは焼けた紙くずだけ。ジェネレーター筒の中をきれいに掃除して、ここからが問題。小生はステンレスのメッシュを丸く巻いた物(細いドライバーで巻きつける)を中に入れ(三重ぐらいで長さ約65mm)入れて、引き抜いたニードルを通して、取り付けたとこて点火。バッチリでした。点火して今2時間ほど経ちますが今のところ問題無いです。わが家のランタンのジェネレーターは皆、紙の筒の替わりにステンレスのメッシュ(80番)を筒状に巻いた物にしています。昔使っていた軍用ストーブのジェネレーターが紙の筒の替わりに鉄のメッシュを使っていた為、思いついたのですが、シーズンオフに手入れをしてあげれば10年以上(小生の場合、今で14〜5年)持ちますよ。それでも予備はもっていますが・・・。メッシュの筒は細めにしてください。そうでないと取れなくなります。今年の春キャンプからはどんどんつかっていきます。
 長々と判りにくい文面ですいません。
 


Re:イージーライト222(カナダ)  投稿者:200A  投稿日: 2月21日(火)20時00分28秒
  久しぶりに書き込みさせて頂きます。

ささぞ〜さん、はじめまして。

フューエルチューブは分解できます。
バルブボディ下部にネジ込まれていますが先端部分が円筒形だったと思いますので、ウェスなどで傷が付かないように養生してプライヤーなどで挟み込み、時計方向に回してあげれば外れます。

青サビ(緑青)の処理ですが、私は真鍮ブラシで擦り落としています。
内部の洗浄には車・バイク用ケミカルの“キャブレタークリーナー”を愛用しています。

余談ですが、ガソリンの通り道だけをクリーンな状態にしても、空気の通り道が詰まっていると正常な燃焼は期待できません。
フレームの空洞部分に小さな虫が侵入していたり、蜘蛛の巣が張っていないかもチェックしてみて下さい。
 



誰か教えて  投稿者:tata  投稿日: 2月12日(日)01時45分10秒
  始めまして tataです502ストーブを分解しているなですが どうしてもバーナーリングセットの下の皿が外れません(たぶんバンセンコンプリート圧入になっているようです)
これを外さないとバーナーボールとタンクが分解できないのです。
誰か外し方教えてください よろしく

http://www.tees.ne.jp/~morris/502_perts.htm

 


RE: 古いクイックライトなんですが・・・。  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月 9日(木)09時16分10秒
  お早うございます。

 おぉぉ! 何とか自己解決したようで何よりです。

私も人の事は言えないのですが(^^;
クイックライト・ランタンや#242C等1950年以前に製造されたモデルに心を奪われたなら、病も重症ですよ〜♪
 


REX_ST さん!  投稿者:愚かで無知なド素人  投稿日: 2月 7日(火)21時37分30秒
  REX_ST  さん。!

成功しました。火も安定しており、これならキャンプにもつかえそうです。REX_ST  さんのご指導が無ければ我が家ではタダの鉄くず、コレクション用に部屋で埃をかぶってたことでしょう!!ありがとうございました。私は古いコールマンは他には242Cを持ってますが、古いのは本当味があって、真鍮の雰囲気がたまりません。ハマリそうです。

ありがとうございました
 


RE: 古いクイックライトなんですが・・・。  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月 7日(火)21時35分28秒
  こんばんわ。

 既に、点火テストを済ませたようですが、新たな問題も出てきた様子・・・・。

クイックライト・ランプやランタンを点火する際にジェネレータのプレヒートは必須です。

ジェネレータの根元からのガス漏れは取り付けナットを増し締めする事で解決するでしょうが、力加減には注意して下さい。

点灯中にバルブシャフト根元からガスが漏れているならば、バルブシャフト根元の六角ナットを様子を見ながら少しずつ締めて下さい。 この六角ナットの中にはグラファイト製のパッキンが入ってますので、決して一気に締め付けないで下さい。

 バルブを閉じてもジェネレータへの燃料を遮断出来ない場合は、バルブ部を分解して原因がバルブの破損なのかゴミが溜まってるだけなのかを確認しなければなりません。 この作業では、脆いグラファイトパッキン部を触る事に成りますので、細心の注意を払って下さいね。
 


さらにREX_ST さん  投稿者:愚かで無知なド素人  投稿日: 2月 7日(火)20時10分2秒
  REX_ST  さん

プレヒートをして点火しました。バルブを僅かに開いただけでガスが勢い良く出てきて
点火しました!しかしジュネレーターの根元からガスが漏れてるようでモヤモヤ炎が出ますが何とかランタンぽい灯りが手に入れることが出来ました。なおバルブは僅かに開きましたが閉じていても点灯してるようで、僅かに開くと根元からガスがでてモヤモヤってなかんじです。

冷めてきたら根元をマシ締めしようと思います。
 


REX_ST さん  投稿者:愚かで無知なド素人  投稿日: 2月 7日(火)18時39分11秒
  REX_ST  さん丁寧かつ迅速にご指導ありがとうございます。

早速やってみました。とても細い針を用意してキャブクリーナーを併用し
貫通させました。
そして再装着してバルブを開けたらシューっといい音は出ましたが
ガソリンがポタポタとマントルを濡らしました。
ジュネレーターを予めプレヒートをすれば上手く気化するのでしょうか?

ど素人ですいません、今一度ご指導をお願いします。
 


RE: 古いクイックライトなんですが・・・。  投稿者:REX_ST  投稿日: 2月 6日(月)23時43分6秒
  こんばんは。

 途中「の」の字状に成った細いパイプの部品はジェネレータと言います。

ジェネレータの先端には、中心に小さな穴が開いた四角いボルトがネジ込まれています。 このボルトは不要な部品ではなく、バーナー部分へ供給する燃料を制限している重要な部品です。

当初、タンク内に空気を圧入しバルブを開いても「シュー」と空気が出なかったのは、四角いボルト先端に開けられた穴が詰まっていた為と思われますので、クリーニングして下さい。

クリーニング方法は、四角いボルトをジェネレータより取り外し、内側から専用のクリーニングニードルでツンツンするのですが・・・・ 入手は困難でしょう。 代用品として#200Aや#220用のジェネレータ内に装着されているクリーニングニードルが使えますので、四角いボルトをキャブレタークリーナー等に漬け込んでからツンツンして下さい。

今後の事を考えるならば、現在の「の」の字状のジェネレータと互換性が有りクリーニングニードルを内蔵したR55ジェネレータと交換しては如何でしょう。

R55ジェネレータとはこう言う品です。


O.C.Fさんでも取り扱われてますね。
http://www.tees.ne.jp/~morris/u_parts_lp.htm


> これはやはりジャンク品だからどこか部品がたりないのでしょうか?
上記の方法で点火は出来るように成るでしょう。
部品が足りないかどうかは、情報が少なく判断しかねます(^_^;)
 


古いクイックライトなんですが・・・。  投稿者:愚かで無知なド素人  投稿日: 2月 6日(月)20時30分1秒
  こんばんは。初めまして。

当方ネットオークションにて1928年製?のクイックライトの
ジャンク品を大枚はたいて買いました。

しかし無知とは恐ろしくこのランタンは別にポンプが無いと
圧がかけられない事をネットで知り、しかもポンプは現存してなく見つかっても高価らしいです。で代替品は無いかと四苦八苦していてとりあえず自転車用のポンプを改造してなんとかタンク内に空気を圧入することは可能になりました。でとりあえずバルブを開いたらシューっと空気が出ません。詰まってるみたいです。とりあえず適当にのの字?(すいません名前がわかりません)になってるパイプに根元に四角いねじを緩めて、パイプを外しました。そのパイプの先端に小さなボルトがしまってましたのでそれをはずしてまたパイプを元にもどし組み付けたら、こんどはちゃんとシューっと空気が出ました。で、マントルをつけ、ガスを入れのの字のパイプの曲がってる部分をバーナーで暖め(プレヒート?)点火したら気化されないガソリンがマントルから出てきてランタン全体が炎に包まれました。危ないとこで家全体がランタンになるところでした。
なんとか火は消し止めましたけど・・。火が消えて治まったところで再確認したらやはりガスが気化されずに空気と一緒に噴出してるカンジです。
これはやはりジャンク品だからどこか部品がたりないのでしょうか?

当方素人でスイマセンがご助言を宜しくお願いします。
 


(無題)  投稿者:いしはら  投稿日: 2月 4日(土)22時55分0秒
  みなさん、こん○○は。
ど素人さん、的外れなアドバイスをしてごめんなさい。

一言だけいい?さん、あのバネがへたるとこんな症状がでるのですね。勉強になりました、ありがとうございました。

バルブステムパッキンは粉砕していなければ再利用できます。
グラファイトで出来ていますので、潰れる事で気密を確保しています。
もしダメなら、森下店長に相談されてはいかがでしょうか。
 

re:燃料とまりました  投稿者:ユキオ  投稿日: 2月21日(火)17時56分22秒
  momoさん、いえいえ!!(笑)
謝罪など無用です、お気にしないで下さい。<恐縮です。
皆さんのご意見と教えは全て参考になりますので全く問題ありません。
今後も宜しくお願い致します、私も奥が深いランタンにのめりこみ、病状が悪化中です。(苦笑)
 

re:燃料とまりました  投稿者:momo  投稿日: 2月20日(月)22時09分22秒
  ユキオさん、ごめんなさいねっ。
でも燃料バルブAssyジェネレーターO/H済みだたから・・・
以前、旦那の200Aもこんな症状があり最終的にディップクリーナーのネジ部を少し閉めて直ったことがありましたよ。
奥が深いですねオールドコールマン!
もっと勉強します。。。
 

燃料とまりました  投稿者:ユキオ  投稿日: 2月20日(月)18時00分59秒
  いしはらさん、momoさん、レス感謝します。
結果的にはバルブステムの先端部分の異常摩耗ではなかったかと思います。
バルブを再度バラして見た所尖端部分の周囲が変形していたので金属ヤスリとサイドペーパーで成形し直したら直りました。ちなみにジェネは以前書き込みの裏技で交換不要状態となっています。ありがとうございました。
感謝致します。
 

イージーライト222(カナダ)  投稿者:ささぞ〜  投稿日: 2月20日(月)13時25分59秒
  燃焼が安定せずボッボッボッとなるので、ジェネレーター交換しましたが、直らなかったので、今度はフューエルチューブを分解してみました。穴は特に詰まりなど無く綺麗でしたが、回りには青い錆がついていましたので、拭き取ったのですが、このフューエルチューブは二重管構造になってるみたいで、中の管と外の管の分解は可能なのでしょうか?この隙間についている青い錆はどうやって掃除すればいいか困っています。
やっぱり酸等で洗うしかないのでしょうか?
それとも燃焼が安定しない原因は別にあるのでしょうか・・・
なんとしても復活させたいです。
 

re:燃料が止まりません  投稿者:いしはら  投稿日: 2月19日(日)23時10分35秒
  こん○○は。
燃料が止まらない原因として考えられる事は
@ゴミがはさまっている。
Aステムが磨耗している。
でしょうね。
ちなみに、サビ取りをした時に機関部を分離しないでやったのでしたら、
ゴミの可能性が高いと思います。

ジェネレーターは消耗品です、交換してあげてください。
 

1レバー→2レバーへの改造について  投稿者:YM  投稿日: 2月19日(日)19時12分34秒
  初めまして、
442を使っている者ですが、現行のシングルバーナーに2レバータイプのジェネレーターを取り付けられるでしょうか。昔2レバーが標準だった時代のシングルバーナーのタンクを見ると火力調整用のレバーが当たる部分のタンクが凹んでいますが、今のモデルにはこの凹みが有りません。やっぱり無理でしょうか。
 

re:燃料が止まりません  投稿者:momo  投稿日: 2月19日(日)14時54分56秒
  旦那が好きで私も色々勉強してますが・・・
ディップクリーナーのネジ部を少し閉めてあげてみては?
余計な事かと思いますが、タンク内の錆落し(ケミカル剤で)は、やらない方がいいみたいです。鉄を酸化させて除去しますから、今後一段と錆びる可能性が高くなるらしいですよ。
 

燃料が止まりません  投稿者:ユキオ  投稿日: 2月19日(日)14時08分57秒
  ご無沙汰しています。
200Aですが燃料バルブを全閉にしても僅かに燃料が止まりません。
この症状ですとチロチロと燃焼し続け消灯出来ない状態がダラダラと続き始末に困ってしまいます、ディップクリーナーを閉じてもほとんど症状は変わりません。
どなたか原因をご存じでしたら教えていただけないでしょうか?、お願いします。

タンク内錆落し、燃料バルブassyとジェネレーターはO/H済(分解清掃のみ)です。
 

RE:誰か教えて  投稿者:tata  投稿日: 2月14日(火)23時59分47秒
  アルコールマン2号様 有り難うございました。外れました
貴方に回して外せと教わり核心がつきましたので バーナーで焼いて回して外しました。
私の502(アルミ帯に502と書いてある)の分解写真を載せようと思うのですが まだパソコンが
未熟のため載せる事ができません 勉強をして ちかじか載せさせていただきます。
今回は大変有り難うございました。また私の502はどこを見れば種類がわかるのですか 教えてくださればさいわいです。宜しく。
 

RE:誰か教えて  投稿者:アルコールマン2号  投稿日: 2月13日(月)10時04分18秒
  tata様、はじめまして。502S/SのO/H私も悩みました。より良い方法が在るかも知れませんが私のやった方法で説明いたします。バーナーリング?固定用の3点止めのビスを緩めて取り去ります。するとバーナーリング?とバンセンが結合されている所が露出致します。ここまでは実行されているようですね。簡単に言いますとバーナーリング?を時計と反対方向に回転させればバーナーリング?とバンセンは分離することが出来ます。ただ私の502の場合、過去O/Hしました物全ての、その部分が錆び付き又は焼け付きの為に素手で回転させる事は不可能でした。先ずその結合部にCRC556等の浸透性のある潤滑剤をたっぷり塗布して数時間〜半日放置します。上手く行けば素手で廻す事ができる個体もあります。もしダメなら固定用の3点のビス穴に私はラジオペンチの先を差し込み回転させています。元々ルーズな作りのコールマンですから、ひどく無理をしない限りビスも通常通り復旧出来ております。くれぐれも無茶なされずにじっくりO/H作業を楽しんで下さい。PSディーラーなら本当はそれを回す専用工具が在るのでしょうね。


RE:もう一言  投稿者:ど素人  投稿日: 2月 4日(土)19時51分49秒
  こんばんわ。ど素人です。
momoさん、ランタンの背面に有るクルクル回るやつですよね。毎回点火試験の前に5回転位やってました。すみません。
一言だけいい?さん、ジェネレータが到着まで時間があるのでスプリング伸ばしてみたいと思います。どの位伸ばせばいいんですか?

あっそれともう一点お願いします。
燃料バルブの中のグレーのパッキン?が潰れていました。
これも要交換部品ですか?

皆さん色々すみません。来週前半は休みなので、もう一度しっかりやり直して見ます。



もう一言  投稿者:一言だけいい?  投稿日: 2月 4日(土)09時06分0秒
  ど素人さん、いろいろとアドバイスが入っていよいよ不調の原因が見えてきたころかな。
おせっかいついでにもう一言いい?
フュエルチューブは分解してキャブクリーナーで綺麗にするだけではダメです。
チューブに入っているニードルを抜き組み込まれているブラスのスプリングを伸ばさないと
掃除してもうまく作動しないですよ。(ここがヘタってる場合が多い!)
ただしブラスのスプリングは柔らかいのであまり強く引っ張らない事、直ぐに切れます。

症状にある最初火が入って徐々に圧が抜けるというのはフュエルチューブの上の穴からタンク内の空気が優先的に抜けてしまうから。優先的に抜ける原因はチューブ下の燃料吸い上げ口に物が詰まっているかチューブ内のスプリングがへたりバルブを開けても吸い上げ口を塞いでいるニードルの上昇が不完全な為常に1/4回転状態になっていて圧が先に逃げてしまうから。
タンクを振ると一時的に燃焼が回復するのはチューブ上の空気用の穴から燃料が入ってジェネレーターに供給されるからです。

最後にもう一つ
フュエルチューブに緑色の粉っぽい錆がついていたらキャブクリーナーでは落ちません。
サンポール(酸性のトイレ用洗剤)をお湯で5倍くらいに薄めてその中につけると直ぐに汚れを落とせます。真っ黒になったジェネレーター表面もこれでいけます。
ただし洗剤の蒸気を吸わないように気をつけることが大切。
 


これは?  投稿者:momo  投稿日: 2月 3日(金)19時17分6秒
  タンク内の錆は気になるのであれば綺麗にすらばいいと思います。フュエルチューブ、ジェネレーターも異常ないと思うよ。
5分間火が入るのであれば異常は無いですよ。
その5分間の間にティップクリーナーをクルクル回してみてはいかかでしょう。
(バルブは全開の状態で・・・)
何か・・・あれっ!と感じると思いますよ。
 


(無題)  投稿者:ど素人  投稿日: 2月 3日(金)02時52分25秒
  凍るマンさん。いしはらさん、ありがとうございます。
その後職場で万力を使いバルブアッシーを取り外し、ネット上にてメンテ方法をググって、キャブクリーナ等使用して綺麗にしてみました。ですが若干症状は回復に近づいたような気はいたしますが、不安定のままでした。
1つ気が付いたのはジェネレータ内部にある紙の筒状の物が半分は白く、半分位真っ黒に炭化していました。色々ネットで調べていくと、どうもこの『紙製の筒』が犯人みたいな気がしてきました。近日中に今日早速ジェネレータ注文しようと思います。
 


(無題)  投稿者:いしはら  投稿日: 2月 2日(木)19時48分15秒
  こん○○は、ど素人さん。
あれからいろいろ考えたのですが、しっかり加圧されてますか?
5分ほどで消えると言うことは、5分は燃えると言うことでフュエルチューブは大丈夫だと思います。
振ると明るくなると言うことは、ガソリンが気化して内圧が高まると言うことですから、ポンプを見てみてください。
皮製のポンプカップだと、干乾びていて正常に加圧できないことがあります。
エアステムを閉じた状態で加圧し、抵抗を感じれば正常と言えます。
あと、オイリングも忘れずに。
 


豆電球  投稿者:凍るマン  投稿日: 2月 2日(木)15時06分4秒
  ど素人さま。こん○○わ。凍るマンと申します。
みなさまご無沙汰しております。
小生もこの方法を当掲示板で拝見し、やっておりますのですが、スイッチつきの電池ボックスとコード、小さなソケットと豆電球・・・で、ランタンのタンク内部を覗く道具をお作り頂き、バルブアッシーを外された後のタンク内をご覧になることをおすすめします。
ガソリンの投入口から豆電球をタンク内に入れて点灯しますと、外側から懐中電灯を当てて覗いている時とは全く異なりまして、本当にタンク内の錆びや汚れの状態が把握できます。今後もしレストアがご趣味になりそうでしたら、道具としまして数百円くらいの費用かと思われますので、是非お勧めいたします。
 


RE:無題  投稿者:ど素人  投稿日: 2月 2日(木)14時10分28秒
  いしはら様ありがとうございます。
タンク本体は錆は無いようですが、ポンプカップのタンク内の部分に若干錆がありました。またフレームのチューブからジェネレーターまで分解清掃しましたが症状は変わりませんでした。やはりバルブアッシーをタンクから取り外し、フェールチューブの分解清掃しかないようです。自宅には万力が無いので明日職場にて取り外し、フェールチューブの分解清掃を試みて見ます。無事点灯出来次第報告します。皆さんありがとうございました。
 


(無題)  投稿者:いしはら  投稿日: 2月 1日(水)21時33分56秒
  こん○○は、ど素人さん。
タンク内はサビていますか?
フュエルチューブがサビの粉を吸って詰まる事もあります。
ペンライト等で見てみましょう。
 


RE:分解する前に聞きたいのですが?  投稿者:ど素人  投稿日: 2月 1日(水)14時05分12秒
  一言だけいい?さんありがとうございます。バルブですが継続燃焼できなかったので全開してみました。その上でもこの状態でした。お心使いありがとうございます。  


分解する前に聞きたいのですが  投稿者:一言だけいい?  投稿日: 2月 1日(水)11時01分17秒
  ど素人さんこんにちは。
お持ちの200Aを分解整備される前に聞きたいのですが取り扱いは正常にされているでしょうか?
例えば点火した後にバルブは1/4開けたままにしてはいませんか?
もしバルブを全開にしている状態で下の説明にあるような症状が出ているのでしたら
この投稿は無視して下さってけっこうです。
 


RE:無題  投稿者:ど素人  投稿日: 2月 1日(水)10時23分56秒
  初心者13号様ありがとうございます。過去版見てチャレンジしてみます。本当にありがとうございます。  



RE:無題  投稿者:初心者13号  投稿日: 2月 1日(水)09時03分0秒
  ど素人様
過去ログ2004.3.1から閲覧して下さい。
私も同じ経験をして、ここに参集される皆さんからアドバイスを受け、
今では首を通り越して鼻の当たりまでどっぷり浸かってしまいました。
分解整備して、明るく灯ったランタンの光を見た時の感動は忘れられません。
 

(無題)  投稿者:ど素人  投稿日: 2月 1日(水)03時56分55秒
  いしはら様、ありがとうございます。
ガスはほぼ満タンにしてありました。
 

(無題)  投稿者:いしはら  投稿日: 2月 1日(水)00時11分54秒
  こん○○は、ど素人さん。
ガソリンはいっぱい入っていますか?
最低でも半分以上入れないと、安定燃焼しないことがあります。