ガンマさんへ  投稿者:ナイツ  投稿日:2007年11月29日(木)06時59分59秒
  ありがとうございました。早速物件探し?してみます(笑)  


220  投稿者:ガンマ  投稿日:2007年11月27日(火)19時06分39秒
  >ナイツさん
220Jをメインランタンとして愛用してます、200Aのご使用方法をご存知でしたら特に着火方法については違いはないと考えますが・・・・

http://www.geocities.jp/kawasaki2st/

 


220について  投稿者:ナイツ  投稿日:2007年11月25日(日)21時57分16秒
  やっとの思いで貯めこんだヘソクリで220系の購入を検討していますが、質問です!着火方法は200Aと同じ何でしょうか?宜しくお願い致します。  


チェックバルブのOリングのこと その2  投稿者:ジャメ・ヴ  投稿日:2007年11月13日(火)12時25分58秒    編集済
  007様、ご回答ありがとうございました。

サイズ的には内径9mm、太さ1mmがジャストです。

おっしゃるように、チェックバルブ自体がさほど高価ではありませんから買い替えても良いですね。ちなみに近くのホームセンターでは当該NBRのOリングは1袋2本入りで95円でした。
 


re:チェックバルブのOリング(パッキン)  投稿者:007  投稿日:2007年11月13日(火)10時47分27秒
  市販のニトリル(NBR)など耐ガソリンの○リングであれば問題ないと思いますよ。
要はエアが漏れない状態にしてやればいいということです。

ゴムパッキン付きのチェックバルブは最近の物です。
とは言っても付き始めて20年くらいになるのかな?
私の持ってる物は予備も含めて昔のチェックバルブでパッキン無しの物が多いので最近のパッキン付きをよく観察していないのですが。
数回このチェックバルブを交換したときの経験から。。
このゴムのおかげで締める時もあまり無理に締め込まなくてもキッチリ止まるようになって、また外す時も割と楽に「ネチッ」っていう感じで楽に外れてくれますね。

私の数少ないパッキン付きチェックバルブも18年使ってますが私は幸いにもゴムパッキンの劣化は経験無いのですが、もしそのような事態になった場合にはまず、無しでもエア漏れしないか取り付けて確かめて、漏れる場合には迷わず似た様なパッキンを購入します。
もしなければNBRの板からポンチで抜いて作ります。

NBRゴム板やゴムリングはホームセンターに売ってますのでチェックバルブに付いていたリングを測って購入したらいいと思います。
ただ、NBR製のリングは見たこと無いので普通に売ってるかどうかわかりませんが。。。

サイズに多少誤差があっても肝心なのはエアが漏れないことですのでその点をクリアー出来ればどんな手段でもオーケーです。

また、チェックバルブってヤフオクなどで¥1000以下で購入できるのでいっそのこと新品を買った方がかえって安上がりかもしれませんね。
 


チェックバルブのOリング(パッキン)  投稿者:ジャメ・ヴ  投稿日:2007年11月12日(月)14時05分23秒    編集済
  違う話題で失礼致します。

チェックバルブ自体は問題なかったのに、付属のパッキン劣化でチェックバルブを交換しました。もとのバルブもパッキンがあれば使用可能です。

質問ですが、
1)パッキン単体で入手可能でしょうか?
2)市販Oリング(ニトリル等)を流用できないでしょうか?流用可能ならば製品名と規格も併せてご教授下さい。
3)そもそも、チェックバルブはパッキン無しでは使用できませんか?

以上ですが、よろしくお願い致します。
 


再挑戦  投稿者:ひかりっぽ  投稿日:2007年11月12日(月)13時33分2秒
  007さん、アドバイス本当にありがとうございます。

私の場合、程度の良い値段の高いランタンはなかなか手に入れる事が
出来ませんので、ヤフオクで少々難有の安い物か部品を集めて組み立て
楽しんでいます。

今回ダメにしたのは、フレームがかなり錆びていましたが私的には綺麗と
思える200A前期黄枠の1台とタンクのみ購入した1台です。

この前期黄枠は、フレーム・ベイルの錆取り耐熱塗装処理、燃料バルブ
一式の分解清掃・鉛パッキンやゴムパッキンの交換等一通り行い、最後が
タンク内の錆取りでした。
花咲かGで内部が綺麗になり、半永久的にタンク内を錆から守ると言う文句
に引かれてタンクシーラーを使用しました。

007さんが言われるようにシーラーが乾燥するまで何回もポンピングして
おけば良かったと反省しています。

でも電球仕様も1台は持ってても良いものですよ。部屋の中で常に点灯できるし
癒されるー。(完全な負け惜しみ)

再度タンクを購入し仕上げてみます。うまくできたら好みの色に塗装して
組み立てます。(実は塗装道具も購入済みでして)
 


re:失敗、ガックリですが  投稿者:007  投稿日:2007年11月12日(月)12時08分38秒    編集済
  タンクシーラーというものを見たことないのですが、シーラーを流して乾き切らない内にポンピングしまくって穴からシーラーを吹き飛ばしておくと言うのは如何ですか?

しかし。。。失敗して大切な物がお釈迦になるリスク、また、成功してもシーラーがメーカーのするようなしっかりした物になるのであれば良いのですが、そうでなければ何年か経ったあとでベラベラ剥がれて逆にランタンに悪さをする原因になるのではと思いますが。

私の場合は自分が生きている間使用できれば良いと考えているので、そのようなリスクがあることを考えると再シーラーの必要性に疑問を持ちます。

アメリカの納屋などほったらかしでさびが発生して何十年経った後でもサビ取りして使用できているのですから、これから大切に扱っていれば更に何十年、多少のサビは出ても今回のようなポンプが詰まって使用できないような事態にはならないと思いますよ。
 


失敗、ガックリですが  投稿者:ひかりっぽ  投稿日:2007年11月12日(月)00時36分59秒
  007さん、ありがとうございます。

今までは花咲かGまでにしていたのですが、更にもう一歩と思い
技術もないのにやってしまいました。

燃料タンクを割って中を見たのですが、空気が送り込まれる管の先端は、
ホワイトガソリン注入口の右斜め上辺りにあり、タンク内壁から5mm
くらいは離れていました。

なんとかもう一度管を詰まらせないよう行ってみたいと思います。
 


re:失敗してしまった・・・  投稿者:007  投稿日:2007年11月10日(土)11時26分28秒    編集済
  花さかGだけで防錆の効果があるということですのでそれを信じております。

タンクシーラーはポンプ内に入る危険がいっぱいですのでやったことはありません。

また、入らないようにする知識も技術も心得ていない気の小さい私には無理と諦めております。

ポンプ内に入り込まないような方法があれば私も知りたいです。
 


失敗してしまった・・・  投稿者:ひかりっぽ  投稿日:2007年11月 9日(金)21時44分22秒
  ランタンタンク内に錆防止の皮膜を作ろうとして失敗しました。

花咲かGで200Aランタンの燃料タンク内部の錆除去をしました(2台分)。
再度錆が発生しないよう皮膜を作ろうとタンクシーラーを1台に小さじ5杯程流し
込みました。
慎重にタンクを回転させ内部全体に行き渡らせ、最後に余った液を燃料バルブを
取り外した穴から排出し、タンクにポンププランジャーを取り付け空気が正常に
内部へ送られるかを確認しました。
タンクシーラー乾燥後にランタンを組み立てタンク内へ空気を送ろうと
しましたが・・・。
まったく空気が入りません。どんなに力を込めてノブを押しても(2台とも)。
1台は電球仕様に、もう1台のタンクは割り中を見てみましたが失敗の原因が良く
分かりません。
恐らくタンクシーラーが空気が送り込まれる管の中に入り込み固まったのだと
思います。
そうならないようかなり慎重にしたつもりなのですが。

ここにお集まりの皆さん、このような失敗をしないようどのような点に注意して
タンク内に皮膜を塗布する作業を行われていますか。




エア漏れについて  投稿者:ORCA  投稿日:2007年11月 7日(水)23時55分41秒
  007様

ご教授,ありがとう御座います。

この症状が出る前に,いくらポンピングしても圧縮出来なくて
ポンプカップを交換したばかりでした。
購入後,圧縮が出来なかったので気が着かなかったのですが
今回,ポンピングが正常にななり
発覚した問題でした。

私のランタンは,ポンピングによってタンク内のエアーが
逆流していると思われますので
007さんが仰るように,チェツクバルブの不良だと考えます。

早々,コールマンにて注文してみたいと思います。
ありがとう御座いました。
 

re:暫くしたらすぐ暗くなる  投稿者:007  投稿日:2007年11月 7日(水)19時23分36秒
  正常な量の燃料とポンピング〜点火〜安定後〜すぐ消灯、その時タンクのエアは残っていますか?
残っていないようでしたらエア漏れが考えられます。

ポンピング後、静かな場所でランタンに耳を近づけてみて下さい。
「チチチッ」とか「シュー」ていう音は聞こえませんか?
フューエルキャップから聞こえればパッキンを交換しましょう。

もう1つはチェックバルブからのエア漏れです。
安全に確かめる方法として、ポンピングの後、ポンプノブを締めずにの穴を指で押さえてみるとグーっとポンプが上ってきたらチェックバルブからのエア漏れです。

火を使い危険も伴いますので参考程度にして頂きたいのですが、ノブの穴にライターで火を近づけて穴からのエアに着火するか?しないか?で確かめる方法もあります。
ノブを閉めても穴に火が着けば完全な漏れでチェックバルブ交換です。
もし試されるのでしたら自己責任はもちろんですが、経験者と一緒に試される事をお奨めします。
 

暫くしたらすぐ暗くなる  投稿者:Ysan  投稿日:2007年11月 7日(水)17時13分46秒
  はじめまして。65年200Aを所有していますが、初めてのコールマンランタンでビギナーです。ポンピング後、バルブを開けて点火し安定してきて「良い明かりだ」と思って眺めていると、すぐに暗くなります。またポンピングをしると復活はするのですが、また暫くすると
暗くなってきます。一番考えられる原因は何でしょうか?燃料キャップのOリングはそれなりに痛んでるので、キャップの交換も考えてますが・・・
 

re:エア漏れについて  投稿者:007  投稿日:2007年11月 7日(水)09時12分5秒
  チェックバルブの不良だと思われます。
チェックバルブレンチにて外して点検、清掃してみましょう。
それでも改善されなければ交換しましょう。
パーツはコールマンジャパンから購入できます。
 

RE:ヒーターの件  投稿者:KAZ  投稿日:2007年11月 6日(火)21時23分53秒
  ガンマさん

情報ありがとうございます。
ガス系の暖房のほうがよいのでしょうかねぇ・・・
はやりのフジカストーブなどは大きい気がして
 

エア漏れについて  投稿者:ORCA  投稿日:2007年11月 5日(月)23時23分26秒
  私も,200Aランタンを所有するようになってから
こちらの掲示板を拝見させて頂いている1人です。

皆様に,お教えしていただきたいことがありますので
此処に質問させて頂きます。

私が所有している73'200Aのポンプをシュコシュコと圧縮し
タンク内に圧が掛かって来た事を指先に感じ
ポンプノブ?を時計回りに締め混む際に
ポンプノブの穴の部分から,エアーが激しく漏れてきます。
当然,タンク内の圧が下がり灯りにムラが出てきます。

もう1台の68'200Aは,上記作業をしてもエア漏れはありません。

何が原因で,この様な症状になるのでしょうか?
また,部品交換等の解決策は御座いますでしょうか?
宜しく御願い致します。
 

御礼  投稿者:初心者です。  投稿日:2007年11月 2日(金)18時35分42秒
  ナイツさん、アドバイスありがとうございました。
とりあえず、チャレンジして成功しました。力要りますね。
過去掲載のBBSみていろいろチャレンジします。
 

ヒーターの件  投稿者:ガンマ  投稿日:2007年11月 2日(金)08時51分55秒
  518ではないのですが、512使ってました シェルの中で使用した事は
ありませんが、ガソリン燃焼しますので換気が心配かと???以下簡単にですが
512についてコピーペーストさせてもらってますご参考までに・・・

コールマン512 一言で「ガソリン式火鉢」と、言った感じでしょーか? 燃料を入れ黒いカバーを外し本体ごと逆さまにして待つ事数秒、半球石綿状の繊維にガソリンが染み込んだのを確認後元に戻しマッチ等で直接着火する単純な構造です、最初炎が50cm位は上部まで上りますので注意が必要ですが、数分位待てば炎はなくなり、石綿がメラメラと赤くなり火鉢感覚で使用します、3月とか11月のキャンプ時には欠かせないアイテムの1つです、基本的には1人〜2人に1台ぐらいのつもりで大人数には「焚き火」の方がいいかもしれません、消火は鍋の丸い蓋みたいな物を直接燃焼部分にかぶせ酸欠で強制消火させる・・なんとも原始的な作りです、偶然にも私が生まれた年に製造されたらしくかなりの年月が経過していますが、保存状態も良くまだまだ現役で活躍しております、説明書にはホワイトガソリン使用と明記されていましたが、普通のレギュラ-ガソリンでも問題なく使用し続けております、構造上ジェネレーターの目詰まりも気にする必要はないので試しにトライしてみましたが、ホワイトガソリン使用から比べると着火時の黒煙がレギュラーの方が多少多いかなーぐらいの違いで後は変わらないのでは? これぐらいの違いでしたら安価な燃料の選択をお勧めします

重量   2.36kg     サイズ 幅 22cm  高さ 27cm   燃料  ホワイトガソリン 無鉛ガソリン(自己責任にて)

テーブル上にカバー敷いてコタツみたいにして皆さん暖をとられてるみたいですヨ
野外ですと、ヒーターの近くまで近づかないと実感できない感じでした

http://www.geocities.jp/kawasaki2st/