キャタリックヒーター518Eについて  投稿者:mago  投稿日:2007年12月26日(水)18時43分34秒
  REX_STさん
「ウィックの詰まりを取らないと駄目」ということを伺いましたので,思い切ってウィック上部とヘット内部のグラスウールを取り払って新しいグラスウールを詰めてみました。
最初はこれまでと同様立ち消えてしまっていたのですが,詰め方や量をいろいろ変えて試したところ,おかげさまで症状が改善され今はもうたびたびひっくり返したりしなくても長時間続けて燃焼されるようになりました。
お友達の方からも助言いただき感謝しております。細部にわたりいろいろ教えていただきありがとうございました。Thanks ☆☆** v(o^▽^o)v**☆☆ Thanks
 

Re: キャタリックヒーター518Eについて  投稿者:REX_ST  投稿日:2007年12月17日(月)02時20分54秒
  magoさん、こん○○は。

先の投稿後に友人から「#518と#513等他のヒーターと混同してない? #518のウィックアッセンブリー上部の綿(?)を幾ら綺麗にしても立ち消え問題の解決には成らないよ。 だってあれは初期燃焼時に利用される燃料のダムだよ、根本解決するにはウィックの詰まりじたいを取らないと駄目なんじゃない。」と忠告メールが来てました。

確かに、#518のウィックアッセンブリーは他のモデルと違っていました。
ですから、ねずみ色に変色している部分云々の下りは忘れて下さい。

> 確認ですがねずみ色の部分(上の方)を触ってみたところなんだかグラスウールみたいな感じなのですが綿で宜しかったでしょうか?

ガラス繊維を綿状にされているので「綿」と書きましたが、グラスウールです。

点火前にヒーターを逆さにした時に綿の部分に燃料が蓄えられ余った燃料はヘッド部まで濡らします。
その下にある金属カップは綿に蓄えられた燃料が下に落ちないようにする受けだと思います。点火後燃焼が安定するまでの間、大量の気化ガスが必要だからなのかも知れませんが、他モデルのウィックは切りっぱなしで、このような部品は見かけないんだよなぁ…。

> 現状では上下に5mmほど隙間があります。この状態で良いのでしょうか?

良いと思います。上の金属カップに接触させると、カップでウィック上面を塞いでしまいますよね。 ですから隙間があって問題ないです。


#518を物置の奥くから取り出し確認しながら投稿すれば良かったのですが、面倒な為に記憶を手繰って書いてますので不確かな情報で申し訳有りません。
 

キャタリックヒーター518Eについて  投稿者:mago  投稿日:2007年12月16日(日)18時36分29秒
  REX_STさん
もう少し教えてください。
確認ですがねずみ色の部分(上の方)を触ってみたところなんだかグラスウールみたいな感じなのですが綿で宜しかったでしょうか?
あと質問ですが,ねずみ色に変色している部分とその下の網で囲われている部分との間に金属のカップのようなものがあります。この金属のカップは何のためにあるのですか?
スミマセン,もう1つだけ。現状では上下に5mmほど隙間があります。この状態で良いのでしょうか?
細々としつこくお尋ねして申し訳ありませんが宜しくお願いします。
 

Re: キャタリックヒーター518Eについて  投稿者:REX_ST  投稿日:2007年12月16日(日)10時13分51秒
  magoさん、
こちらこそ、宜しくお願い致します。

成る程、室内でも立ち消えするなら原因は、ヘッドやウィックの不良か燃料です。
燃料はホワイトガソリンを使用しているでしょうから、問題ないですね。
立ち消えしそうになっても、ヒーターをひっくり返すと再度燃焼始めるのですからヘッドにも問題は無いでしょう。
ですから、問題はウィックの機能不良による不調で間違い無いでしょう。

ウィックはガラス繊維で出来ていて、毛細管現象を利用し燃料をタンクからヘッド部まで吸い上げ、ウィックの先端部からガソリンの気化ガスを発散させます。
燃料の吸い上げが不調なウィックは繊維間に汚れが蓄積し、毛細管現象が起きない状態に成ってます。

簡単な汚れならば、ホワイトガソリンに漬け込み数日置き汚れが解け出るのを待ちます。ガム質の汚れが見られるならば、アルコールに漬け込み数日置き汚れが解け出るのを待って下さい。

猛者な方は、有機溶剤に漬け込んだりもするらしい…

それでも、駄目な場合は分解してクリーニングします。
汚れの著しい部分は、magoさんが掲載されたウィックの写真でねずみ色に変色している部分です。 そこは綿が詰め込まれているだけですので、抜き出してガソリンやアルコール果てはキャブレタークリーナー等で洗い、良く乾燥させた後に綿を再度詰め込みます。

それでも駄目な場合… 長い繊維を束ねた部分、特に上部で詰まってます。ここを抜き出して洗えれば良いのですが、組み直す時は可也厄介と思われますのでチャレンジャーを待ちたいです。


※最後に、上記の分解クリーニングを行っても、汚れを完全に落とせる訳では有りません。
一番確実な解決方法はパーツ交換です。
ヘッドやウィックはまだパーツ在庫が有るかも知れませんので、Coleman Japanに問い合わせて見て下さい。 数年前には在庫がありましたよ。
 

キャタリックヒーター518Eについて  投稿者:mago  投稿日:2007年12月15日(土)23時14分45秒    編集済
  REX_STさん
はじめまして。
ヒーターは中古で買い求め,はじめから屋内でも燃焼は長続きしませんでした。
こんなもんなんだろうな〜とあまり気にせず何回もひっくり返しながら使ってました。
炎がおさまってから30分ほどはまずまず燃焼しているようなのですが,その後は30秒ほどひっくり返して10分位は暖かさが保てるかなという感じです。
先日ヒーターを紹介している方のページで「白ガス満タンで一晩くらいはもつ。」というようなコメントを見てなんとかならないものかと投稿しました。
それで,ウィックのクリーニングか交換についてご存知の範囲で構いませんので教えていただけますでしょうか。
クリーニングというのはどんな準備をしてどのように進めるとよいか,あと交換の方についてはヘットやウィックのパーツの入手方法など・・・
よろしくお願いします。
クリックで拡大
 

Re: キャタリックヒーター518Eについて  投稿者:REX_ST  投稿日:2007年12月15日(土)20時47分28秒
  mago さん、こん○○は。

寒い時期は、キャタリックヒーターの暖かみがありがたいですよね。

さて、ヒーターの燃焼が続かないとの事ですが…

炎がおさまり暖かくなった後に、ヒーターをどのような場所に置いているでしょうか?
戸外でヒーターのヘッド部分(大きなキノコ状の部分)に直接風が当たるような場所に置いて使用しているならば、風が当たらない所に置き使用して下さい。
なにせ大きなハクキンカイロですから、風には弱いです。

燃料を入れて直ぐに点火しているならば、少し時間を置いてから点火操作をしてみて下さい。 燃料がウィックに染み込むまで少々時間が掛かります。

それでも、症状が改善されないならばウィックが汚れ詰まり気味な為に燃料の供給が不足しているのでしょう。
中古で手に入れたヒーターならば、何度かダマシダマシ使っているうちにウィック内の汚れが溶け出し燃料の通りが良くなる事もあります。

それでも駄目なら、ウィックのクリーニングをするか交換でしょう。
 

キャタリックヒーター518Eについて  投稿者:mago  投稿日:2007年12月15日(土)18時28分59秒
  キャタリックヒーター518Eについてお伺いします。
点火後,炎がおさまりほんわか暖かくなるところまではよいのですが,時々逆さまにしなければ自然に鎮火してしまいます。時々逆さまにするという使い方でよいのかすら分からりません。
こちらでのコメントでウィックかヘットに原因があるのかな・・・と思いますが専門的な知識が無く,使用法,メンテナンス方法をどなたかおしえていたでけませんでしょうか?
よろしくお願いします。