タンクパッキンですが  投稿者:POWDER  投稿日:2008年 4月30日(水)19時05分10秒
  はじめまして。
243、242のフューエルキャップのパッキンはサイズ一緒でしょうか?
アドバイスお願いします。

236フレーム  投稿者:ひかりっぽ  投稿日:2008年 4月17日(木)13時43分14秒
  k.k さん、はじめまして。

気になるようでしたら、こんなのもありますよ。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b84468076

でも、ちょっと高いかな。
 

Re: 236について  投稿者:REX_ST  投稿日:2008年 4月16日(水)00時17分15秒
  k.kさん、こん○○は。

質問の部位は添付した写真の鋳物で出来た部分の事ですね。
この部分は、両側に付いたパイプから空気を取り込み、ジェネレーターから噴出する気化ガソリンと混合される部分ゆえ ミキシングチャンバー と呼ばれています。

鋳物部品に亀裂が有るとの事ですが、出品者さんが言われた方法でテストして水漏れが無ければ、先ずは大丈夫と思います。

念を入れるならば、ベンチレーター(ランタンの傘)を外した状態でランタンを点灯して、問題の亀裂部分から火が出てないか観察してみて下さい。 これは、冷間時には問題が無くても熱が加わったら亀裂の隙間が開く場合がある為です。

もし、亀裂部分から火が出てる場合は隙間を塞ぐ必要がありますが、鋳物の溶接穴埋めって面倒だったような・・・  ですから、出品者さんに相談して交換部品を探してもらうのが良いでしょう。

 亀裂部分から火が出る場合に、そのランタンは使用出来ないのか?
程度にも因りますが、ランタンとして使用は出来ます。 ただし、それに因りベンチレーターが炙られベンチレーターの琺瑯が劣化したり、途中でガス漏れしている状態ですのでランタン本来の光量が出ないでしょう。 何より、気持ち悪いので常用する気にはならないでしょうね。

※ 添付した写真は O.C.Fさんの所から拝借しました。 ただ、#236の写真は無かったので同じ構造の#242Bの写真です。
 

236について  投稿者:k.k  投稿日:2008年 4月11日(金)23時14分19秒
  皆さん、初めまして。皆さんの力をお借りしたくてここにたどり着きました。つい最近コールマン236をオークションで購入したのですが、(部品の呼び名が分からないのですが)、ジェネレーターの延長線上部のパイプに縦方向の亀裂が有り出品者に連絡してみた所、「フレームをはずしてバーナーキャップを取り逆さまにして水を入れて漏れないか確認してください。」と言われ、確認して水は漏れなかったのですが、そこを通るのはホワイトガソリンですし、高温になるので水を入れて漏れてなければ良いのでしょうか。また使用に問題は無いのでしょうか。皆さんはどう思いますか。お力添え宜しくお願いします。