Flash脱出ゲームの作り方

〜アイテム詳細画面〜


[about items]ボタンでアイテム詳細画面を見られるようにしました。


スプライトmain_windowの上に重なるようにitem_sというスプライトを設置しました。

何もしていない時には1フレーム目で停止して何も表示しません。

各アイテム共通でアイテム表示画面の枠(深度-1)とCLOSEボタン(深度0)を表示します。

この時背景にあるクリックポイントが有効になったままなのでそれを無効化するためにメイン画面を覆い隠すサイズの画像(深度-2)を半透明で表示してその画像全体をクリックポイントにしています。

(マウスカーソルの形がアイテム詳細画面のクリックポイントで適切に変形するようにする場合には別の工夫が要ります。)

CLOSEボタン(深度0)をクリックすると1フレームに飛んでスプライト内の画像を全消去します。

各ラベルの後にアイテムの画像(深度1)を設置しています。アイテム各部分のクリックポイントをここに並べる事でアイテムの変形や合成を行います。


アイテム欄_root.item_windowに設置した「アイテム詳細ボタン」にスプライト_root.item_sを呼び出す記述をしています。選択しているアイテム_root.itemに合ったラベルに飛びます。

on(release){
   if(_root.item == 10){
      _root.item_s.gotoAndStop("key1");
   }else if(_root.item == 20){
      _root.item_s.gotoAndStop("key2");
   }else{

   }
}



今回作成したファイル(ParaFla!) pa15.zip 8.69KB(画像とpflファイル)

堕ち武者TOP 脱出ゲーム作り方 Flash作り方