「Microsoft Excel で フラッシュカードを作ろう」プロジェクト

あなたもフラッシュカードを作って公開しませんか?

 「Microsoft Excel でフラッシュカードを作ろう」は手軽にフラッシュカードを作ることができるツールです。あなたもこのプロジェクトに参加しませんか。一緒に,ICTの教育への効果的な利用方法について考えていきましょう。

 ご存じの通り,フラッシュカードは,基礎的・基本的な学習内容について反復練習する上で効果的な教材です。

 学年別に,教科ごとに,単元別に,手軽に使えるフラッシュカードがたくさんあったら,今とは違った授業ができると思いませんか?

 フラッシュカードを使って,前時までの復習を短時間で行い,本時の授業に入る。
 1つの例題に対して,フラッシュカードを使って短時間に複数の問題を練習する。

 子どもたちの目を画面に集中させることで,授業への集中力が高められるでしょう。
 大型の提示装置が教室に普及してきたからこそ,考えられたことです。
 ネットワーク環境の整備が進み,遠くにいる人の作った教材を今の自分が使える時代です。
 さあ,あなたも「Microsoft Excel でフラッシュカードを作ろう」プロジェクトにご参加ください。

プロジェクトに参加するには…

 「Microsoft Excel でフラッシュカードを作ろう」を使ってフラッシュカードを作られた方,そのデータをフリーソフトとして他の方に使ってもらってかまわないという方は,誰もが参加できます。

データを共有するには…

〇ホームページをお持ちの方
 ホームページをお持ちの方は,ホームページからダウンロードできるようにしてください。
 ホームページアドレスをメールで連絡ください。本サイトで紹介したいと思います。

〇ダウンロードサイトをご利用の方
 「Vector」などダウンロードサイトにデータを登録されている方は,ダウンロードアドレスをメールでお知らせいただければ,本サイトで紹介したいと思います。

〇One Driveなどでネット上に共有フォルダをお持ちの方
 共有フォルダを利用されている方は,ダウンロード方法についてメールをいただければ,本サイトで紹介したいと思います。

〇その他
 メールにデータを添付してお送りください。掲載できるデータには限りがあります。可能な範囲で紹介をしたいと思います。

【注意】

 本プロジェクトは,営利を目的としたものではありません。
 フラッシュカードの教育利用を考えることで,フラッシュカードにとどまらず,ICTの教育への効果的利用を考えるものです。
 作成されたデータにつきましても,著作権や肖像権など十分な配慮をした上で公開をお願いします。