使い方

「Microsoft Excel で フラッシュカードを作ろう」 使い方

 「Microsft Excel でフラッシュカードを作ろう」は手軽にフラッシュカードを作ることができるツールです。

 その中身は「使い方」「フラッシュカードデータ」「フラッシュカード(画面表示)」「フラッシュカード(画面表示)《指定順表示》」「フラッシュカード(横長印刷用)」「フラッシュカード(横短印刷用)」の5つのワークシートで構成された1つのファイル(Book)です。

 「フラッシュカードデータ」は,データを入力する場所です。100件のデータを扱うことができます。画像を扱うタイプでは,入力セルに画像ファイル名を入力します。

 「フラッシュカード(画面表示)」は,実際に表示を行うシートです。
 「フラッシュカード(画面表示)《指定順表示》」は,データを入力した順に表示を行うシートです。使用機器にあわせて列幅,行の高さ,表示倍率を調整してください。

 「フラッシュカード(横長印刷用)」は,A4用紙を横長に使い,フラッシュカードの表面・裏面を1枚に印刷します。真ん中で折り曲げると,従来型,紙のフラッシュカードが作成できます。  「フラッシュカード(横短印刷用)」は,A4用紙を縦長に使い,フラッシュカードの表面・裏面を1枚に印刷します。真ん中で折り曲げると,従来型,紙のフラッシュカードが作成できます。

Microsoft Excel で フラッシュカードを作ろう 【テキストタイプ】

 「フラッシュカードデータ」にデータを入力します。右のように式を入力するときは,式の頭に「'」をつけ忘れないようにしましょう。Excelが計算式だと間違えて計算してしまうことがあります。

 

 

 

 

 

 左の「フラッシュカード(画面表示)」では,カーソル(矢印)キーやマウスを使って画面をスクロールすることで,表示カードを替えます。


 

 

 

 右の「フラッシュカード(画面表示)」は,画面調整の部分です。数値を入力し,ボタンを押すことで,高さの調整ができます。幅の調整については,手動となっています。
 カードは「シャッフル(F9)」ボタンで,シャッフルできます。
 ファンクションキー「F9」を押すことでも同様の操作ができます。
 また,メニューバーやリボンを非表示にした「全面表示」もできます。表示機器の解像度にあわせて利用しましょう。

 紙のフラッシュカードを作成するには,「フラッシュカード(横長印刷用)」「フラッシュカード(横短印刷用)を選び,Excelの印刷操作を行います。

Microsoft Excel で フラッシュカードを作ろう 【表面画像タイプ】

 使用する画像ファイルを,「gazou」フォルダに保存します。

 

 

 

 

 

 

 


 「フラッシュカードデータ」では,データ入力欄の表のところには,画像ファイル名を入力します。裏の欄にはテキスト(文)で答えを入力してください。
 また,「フラッシュカードデータ」では,「フラッシュカード(画面表示)」での表示を調整するためのボタンやシャッフルボタン,紙のカードを作成するためのボタンがあります。
 紙のフラッシュカードの印刷は,Excelの印刷操作をしてください。

Microsoft Excel で フラッシュカードを作ろう 【裏面画像タイプ】

 【表面画像タイプ】と同様に,使用する画像ファイルを,「gazou」フォルダに保存します。
 「フラッシュカードデータ」では,データ入力欄の表の欄にはテキスト(文)を入力,裏の欄には画像ファイル名を入力します。
 その他は,【表面画像タイプ】と同様です。

Microsoft Excel で フラッシュカードを作ろう 【両面画像タイプ】

【表面画像タイプ】と同様に,使用する画像ファイルを,「gazou」フォルダに保存します。
 「フラッシュカードデータ」では,データ入力欄の表・裏の欄には画像ファイル名を入力します。
 その他は,【表面画像タイプ】と同様です。

こんな時は…

〇決めた順に表示したい

 授業の意図として,あらかじめ表示する順を設定しておきたい時があります。
 その時は,「フラッシュカード(画面表示)《指定順表示》」をお使いください。表示の順は,「フラッシュカードデータ」のデータ入力欄の順になります。

〇紙のフラッシュカードをもう少し大きくしたい

 紙のフラッシュカードはA4用紙に印刷するようになっていますが,プリンタのプロパティを開き,使用する用紙をB4やA3に指定して,拡大印刷すると大きめのフラッシュカードを作ることができます。

〇紙のフラッシュカードの表面・裏面が別々の紙に印刷される

 プリンタによっては,ワークシートの設定では表面・裏面が別々に印刷されることがあります。ページレイアウトで,拡大縮小印刷の倍率を下げたり,上下の余白を調整したり,印刷範囲のセルの高さを低くしたりして調整をしてください。

〇テキストの表示を1行ではなく,2行にしたい

 フラッシュカードでの発問,答えは短いものが多いと思い,表示セルの設定は,「縮小して全体を表示する」にしてあります。
 2行以上で表示したい場合は、表示セルの設定を「折り返して全体を表示する」にして下さい。

〇画像の配置がうまくいかない

 画像の大きさについては,フラッシュカードの表示セルの高さに自動的に合わせるようにしています。
 「フラッシュカード(画面表示)」では,画像はセルの左に合わせて表示されるようになっています。
 「フラッシュカード(横長印刷用)」「フラッシュカード(横短印刷用)」については,画像が中央にくるように簡易処理がしてあります。しかし,きれいに中央に配置されるわけではありません。私の技術ではうまくできなかったところです。
 その代わりに,画像フォルダに,サンプル画像を入れておきました。使用する画像にあったサンプル画像に,使用する画像を貼り付けることで,比較的見やすい位置に配置することが可能かと思います。

〇画像タイプでの画像の表示ができない

 動作には,一定の条件がありますのでご確認下さい。
①フォルダの階層構造を変えていませんか。
 ファイルの解凍場所は問いませんが,画像対応のExcelファイルと"gazou"フ ォルダは同じフォルダ内にありますか。
②マクロは有効になってますか。
 画像対応のExcelファイルを開くと,
 Excel2003,2007では,「マクロを有効にする」
 Excel2010,2013では,「コンテンツを有効にする」
という表示が出ますので,有効にして下さい。
 マクロが有効になっている状態でないと画像表示はできません。
③「フラッシュカードデータ」シートのボタンを押しましたか。
 「表示カードのシャッフル」「表示カードのシャッフル(中央)」ボタンで「フラッシュカード(画面表示)」シートに画像が表示されます。
 「指定順表示」「指定順表示(中央)」ボタンで,「フラッシュカード(画面表示)《指定順表示》」シートに画像が表示されます。
 「横長カード作成」ボタンで「フラッシュカード(横長印刷用)」シートに画像が表示されます。
 「横短カード作成」ボタンで「フラッシュカード(横短印刷用)」シートに画像が表示されます。

 本ソフトは,表計算ソフトExcelを簡易表示ソフトとしてとらえたものです。
 視点を変えることで違った使い方ができる,効果的な使い方ができる例としての提案です。技術的にはまだまだ未熟ですので,「こうするとよいよ」というアドバイスをいただけるとうれしいです。
 学校には,様々なICT機器やソフトが導入されてくるかと思いますが,額面通りの使い方だけでなく,視点を変えた効果的な使い方についても考えていきましょう。