todayaction 使い方リフィール home
PTMガイド 革の手入れ法
革の手入れ法
PTMが最も誇るのはその革の品質です。しかし、その革もちゃんとしたメンテナンスをしなければ魅力半減です。 そんなことにならないためにもメンテナンスは非常に大事な保守作業です。今回は革の一般的なメンテナンス方法を特集します。以下のメンテナンス方法は他の革製品にも適用できますので、靴やカバンなど他の革製品のメンテナンスのご参考にしてください。

■一般的な皮革製品
一般的な牛皮の場合水性染料で染められていることが殆どです。水性染料で染められることによって柔らかな感触が 保たれますが、シミや色落ちなどには十分な注意が必要です。
1.クリーナーで汚れ落とす。
2.クリームは同色のものか薄目の色のものをムラ無く塗ります。

※塗りすぎ等は梅雨時のカビの原因にもなりますから、塗りすぎないように少量を数回ずつにわけて塗る。あるいは期間を開けて塗るなどの注意が必要です。
3.出かける前には革専用の防水防油スプレーを掛けると効果は増します。

■オイルレザー
このレザーは上述した水性染料でそめられた一般的な皮革製品とちがい、防水性を高めるために最終工程にオイルを革に含ませる工程が付け加えられています。私たちが、革製品をイメージする際の油クサイにおいはこの油のにおいが殆どです。使い始めの初期は非常にこのにおいも強いのですが、段々とにおいも少なくなり、程良いにおいをかぐわすようになってきます。
1.オイルレザーはその油分のために埃や汚れを吸い込む傾向が有りますので、縫い目などに入った埃や汚れをブラシで丁寧に払います。
2.落ちにくい汚れはクリーナーなどを併用すると良いでしょう。
3.失われた油分を補うためにミンクオイルなどの動物性のオイルをムラ無く塗ります(ここでも塗りすぎは厳禁です)。
4.色あせなどが気になるようになってきたらクリームを塗布します。

※ヌメ革などを使用したものもありますので使用する際には十分な注意が必要です。

■スエード、ヌバック、ベロアなどの起毛系の革製品
何よりも肌触りを優先した素材で、表面が毛羽立つような加工がされた素材です。
1.初期に油汚れを防ぐために水分油分を弾くようなスプレーを掛けます。
2.色調などを鮮明にしたい場合は、スエードカラーなどで処理すると良いでしょう。
3.起毛されているため非常に埃や汚れがたまりやすいので、専門のブラシなどでブラッシングします。
4.全体的に汚れてきたら、スエードクリーナーで処理します。

■ヌメ革
1.シミが大変付きやすい素材ですので初期にはシミをつける可能性もあります。防水スプレーなどで早い目にシミ等が着かない処理が必要です。
2.通常のクリームではシミになる可能性が大きいのでヌメ革専用のクリームを購入して塗布してください。

※クリーナーも同様にヌメ専門のクリーナーをご購入ください。
otherinfoaddress