各地区市民館へリンク 市民館トラム講座   施設案内  トップページ 図書情報  市民館だより   部屋の予約状況  自主サークル




   平成30年度 東陽ふれあい音楽会写真集



(第207回) 7/11(水)午前10時~

「東陽おしゃべり音楽会」 

~Jazzの魅力を解き明かす90分!~

鈴木直己(お話・さまざま)
西川崇代(ピアノ) 鈴木辰美(ベース)

A列車で行こう、枯葉、ムーン・リバー 他

総合司会 清原節子 
 
 
 今年は猛暑ですね。みなさんいかがお過ごしでしょうか。ふれあい音楽会に参加される方は、暑さ対策もですが、健康なかたが集まっていらっしゃるので、みなさんそれなりに楽しんで帰られますね。夏はジャズで暑さなんかぶっ飛ばしましょう!!直巳さんがドラムをたたいてピアノとコントラバスでのトリオ。サックスとは雰囲気も変わっていろいろ楽しめてよかったです。みなさんこれからもっと暑くなるかとは思いますが、バテないようにオバサンパワーを発揮しましょ!  
   
   
   

 (第206回) 6/27(水)午前10時~

「木管の音色とピアノで綴る懐かしの調べ Part2」

あの曲この曲~昭和の名曲

<ムジカ・クラール>
荻原昌子(Pf)・佐藤恵一(Ob)・船井雅子(Cl)
佐藤 徹(Hr)・荻原啓介(Fg)


ベートーベン ピアノ五重奏、ヨコハマ・ストーリー
宇宙戦艦ヤマト 他


総合司会 河合まち子
 
 
大勢のご参加ありがとうございます。雨の心配も
無く落ち着いて聴かれたことでしょう。九時前から並んでいらっしゃるかたもみえてスタッフもびっくりしていました。 懐かしい曲を演奏して戴きましたので、思わず口ずさんでしまわれたのではないでしょうか?ムジカクラールのみなさんも2回目のご出演で会場のみなさんの雰囲気をよくつかんで選曲していただきましたこと感謝します。ありがとうございました。ちょっとしたハプニングであったようです。こういうところがあるのもふれあい音楽会のよさでもあります。
 
   
   
   

(第205回) 6/13(水)午前10時~

「サックス四重奏の魅力 Vol.2」

~サックス4本が織りなすダイナミック且つ
繊細なハーモニー~ 


<エピノワサクソフォンカルテット>

辻 友香里(ソプラノ)・波田野 歩(アルト)
河合亜沙美(テナー)・村松知世子(バリトン)


ニューシネマパラダイス、A列車で行こう
モーツァルト・トリビュート 他


総合司会 大川原章子
 
 
 多米公園では、シルバーのかたの草刈り作業!今回は、まだサックスの演奏でしたので、演奏の音色がまあにぎやかでしたので許せる範囲内で困ることはなかったのですが、今年度は前もこのような作業がありました。ちょっとご配慮戴けるとありがたいですね。参加されたみなさんにも失礼にあたるとおもいます。サクソフォンカルテットのみなさんは昨年に続いてのご出演です。今回はというか今年度は男性の方の参加も増えているような感じです。みなさんに喜んでいただけるのが一番のしあわせですね。これからもよろしくお願いします。  
   
   


(第204回) 5/23(水)午前10時~

ヴァイオリンとピアノによる「5月の音楽会」

~やさしい雨の音~

濱島秀行(ヴァイオリン) 夏目順子(ピアノ)

 夏は来ぬ、虹の彼方へ
雨だれ、チャールダッシュ 他

総合司会 岡本節子
 
 
 今年度は雨が多いですね。選曲も夏目さんと濱島さんがまるでお天気を予告したような曲を考えてくださったみたいで・・・オープニングの曲は、NHKの朝ドラの主題歌でしたよね。思い出しますね。思わず口ずさんでしまいました。 みんなで歌おうはバラが咲いた。どの曲も好き!お二人のおはなしは癒やし系ですかね。確か濱島さんは音楽療法士の資格をお持ちと伺っています。ありがとうございます。ヴァイオリンも演奏をしているうちに会場中に馴染んで響きがよくなっていくんですね。第二部は雨の曲の時に使おうと思っていたスティックという雨の音を出す楽器で虹の彼方に(オズの魔法使いのなかの曲)という曲に合わせて、参加者の3名のかたにも加わってもらいました。これから暑さに向かっていこう!と元気づけてくれる曲を選んでいただたようです。いろいろな体験ができていいですよ。是非ご参加ください最後は濱島さんといえばチャールダッシュ!会場を演奏しながら回ってもらいました。楽しかった!  
   
  

(第203回) 5/9(水)午前10時~

 Orte(オルテ)が贈る「音旅」

~音楽と旅に出よう~

安藤よしの(フルート)、白石朋広(チェロ)
野田淳子(ピアノ)


愛の挨拶(エルガー)、糸(中島みゆき)
ハンガリア舞曲第4番(ブラームス) 他


総合司会 清原節子

 
 
 今回も雨にたたられてしまいました。どうしたのでしょうか?暑くなくていいのですが足元が悪いので参加者のみなさまに申し訳なく思ってしまいます。賑やかな音楽会で終われましたこと感謝しています。昨年まではホルンの吉積さんでしたが今年はチェロの白石さんにチェンジされたようです。吉積さんは、地元でご活躍されてみえるようです。ファンのかたもいらっしゃったようです、残念ですね。アンサンブルジョカーレまでのお馴染みさんもたくさんいらっしゃるのですが新しい方もみえて曲目が順不同で演奏されているのをご存知ないかたから、ちょっとご忠告をいただきました。ご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。安藤さんも気にされてみえました。また楽しい演奏会ができることを願っています。  
   
   
   
 (第202回) 4/25(水)午前10時~

「ViolinとPianoの響き」

~いつもの2人で~

新津くらら(Violin)、鈴木恵深(Piano)

愛の挨拶(エルガー)、ワルツ-スケルツォ(チャイコフスキー) イタリア組曲(ストラヴィンスキー) 他

総合司会 大川原章子
 
 
 今回もお天気がよくなくヴァイオリンの弦は大丈夫だったでしょうか?演奏を終えてのくららさんの表情が曇っていなかったので少し安心しました。演奏者のかたもいろいろご苦労があってたいへんですよね。オープニングは、皆さま、おなじみのある曲を選んでいただきました。エルガー作曲 愛の挨拶です。わたしも聴いていて、あっ、知ってる!なんて思いながら聴かせていただきました。もっともっといろいろな曲をと思いながら・・・・・
なかなかご縁がなくこういう機会に1曲ずつでも馴染んでいけるといいですね。参加者のみなさんもたのしんでお帰りください。
 
   
   
(第201回) 4/11(水)午前10時~

「EAST MEETS WEST LIVE!」 

 ~箏とピアノによる優しい音楽~

杉浦 充(箏・二十弦箏)・鈴木直己(ピアノ)

箏独奏曲「のこり雪」、懐かしの昭和歌謡あれこれ
ありがとうの歌、SIR DUKE 他


総合司会 河合まち子
 
 
 いよいよ201回目のふれあい音楽会の始まりです。今年から藤原館長が南陽地区市民館から赴任されました。最初に館長のご挨拶から始めさせていただきます。ちょっと緊張気味?
みなさまお待たせしました。スタッフもいれて250名以上の参加者の方々で会場はいっぱいでした。ありがとうございます。オープニングの曲は、四季桜でした。桜はすでに葉ざくらでしたが、曲を聴いていると何となく多米公園の桜が目に浮かんで来るような気さえします。第一部はオリジナル曲を主に演奏していただきました。直巳さんのトークのなかに娘さんが作曲の部門で表彰されドデスカというテレビ番組のインタビューでしっかりした受け答えでびっくりでした。
第二部は参加者の年齢層にあわせていただいて懐かしのく曲をそろえていただきました。みなさんに楽しんでいただいてよかったです。
 
   
   
Top