中空マットスラブの施工
有限会社 山本建材店
中空マットスラブの施工  アンカー方式              ホーム

穴あけ

アンカー打ち込み

1.穴あけ
捨てコンにアンカー埋め込み用の穴をあけます。
(捨てコン
100mmは確保してください

2.アンカー打ち込み
穴にアンカーを打ち込みます。

受台・ボルトの設置

フラットバーの設置

3.受台・ボルトの設置
アンカーにボルトをねじ込みパイプ受台を設置
します。

FB(フラットバー)方式の場合
先にFBをセット。写真上記部分の様に捨て
コン100mmを打って下さい。

注)FBは大口径のパイプの場合のみ使用します。

パイプ配管・バンドセット

バンド締め付け

4.パイプ配管・バンドセット
パイプを受台にのせ、ボルトにバンドをセット
します。


配管完了

5.バンド締め付け
パイプの両側からバンドをかけ、バンドを締め
付けます。


マットスラブ据付後

パイプ据付完了後に上端筋の配筋を行って下さい。       

中空マットスラブ(マットスラブ)工法の信頼性とメリット
*スラブ全体が剛性の高い頑丈な版のため、荷重を分散し均一化する事ができ直接基礎に比べ不同沈下に有利です。
*市街地の狭小地であったり騒音や振動が気になる場所でもパイプの搬入・取付けですむ為、問題を解消出来ます。
*施工が早く杭長が15m以上の杭基礎やプラットフォーム型の工場等の場合コストダウンにつながる事があります。
*掘り方が浅く水位が高い場合にも有利で、堀削・配筋・型枠作業を簡素化することもできます。

  現場の状況に於いて、使用部材、手順等の変更がおこなわれる場合があります。
  柱脚(ベースパック・ハイベース等)は捨てコン打設後、配筋前にセットしてください。
  マットスラブ用ワインディングパイプSGCCを使用。


*意匠図・構造図(プランニングの図面で可)柱状図・液状化の検討・積載荷重等の資料を頂きマットスラブ成立の
 確認が出来ればマットスラブ構造計画書及び概算見積書を作成させて頂きます。クリモト ワインディングパイプ
 は人通孔(人通口)・箱抜き・太陽光発電(ソーラ)基礎用としてもお使い頂いています。
 お気軽にお問い合わせ下さい。



製品情報へ戻る


サイトマップ


  マットスラブ べた基礎 マットスラブ用ワインディングパイプ winding pipe kurimoto yamamoto 山本建材店