〜渥美半島 風の便り〜

田原市議会議員
杉浦文平 ホームページ    

 

 

渥美半島の四季

春・伊川津のシデコブシ

夏・伊良湖の浜昼顔

秋・アサギマダラ

冬・大漁旗

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: DSCN1524N

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: IMAGE146N

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: DSCN1784N

説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: 説明: IMG_1927

 

 

                                                                                                                                                                                          

《《《市民の声を市政に届けます》》》

★常に問題意識を持ち、市民の立場で行動します

★議会と行政のなれ合いを排し、市政を監視します

★市民の声に耳を傾け、市政に反映させます

 

所属会派 無所属クラブ(1人会派)

市議選は初めての無投票

現職12人、新人5人、元職1人

 

田原市議選は今回初めての無投票となりました。

定数が2名減の18人となり、少数激戦が予想されましたが、激戦を恐れたためか125日の告示日の午後5時までに定数同数の18名の届出となり、無投票が確定しました。

市政の経費削減と同時に、議員の資質向上をも図った定数削減でしたが、その狙いが当たったかどうか若干の疑問が残ってしまいました。

4年後の改選時には、再度何らかの対策を練る必要があると思われます。

 

決起集会

 

 

昭和24825

プロフィール

渥美町折立に生まれる(丑年・おとめ座)

昭和373

町立清田小学校卒業

昭和403

町立福江中学校卒業

昭和433

県立時習館高校卒業

昭和473

大阪大学法学部卒業

昭和474

京都ロイヤルホテル入社

フロント・宴会サービス・売店・会計・企画・外販を歴任

昭和633

京都ロイヤルホテルを退職

渥美にUターンし家業の酒店に入る

平成45

清田小学校PTA会長

平成85

福江中学校PTA副会長

平成96

家業の酒店経営の傍ら シーサイド伊良湖臨時職員(フロント・レストラン・バー担当)

平成126

渥美郵便局臨時職員(ゆうパック・速達配達)

平成154

渥美町議会議員

平成175

渥美町議会文教厚生委員長

平成192

田原市議会議員

平成232

田原市議会広報委員長・経済建設副委員長

平成272

総務副委員長・東三河広域連合議会議員

平成286

議員生活10年表彰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*************************************

 

 

(((あれも聞きたい、これも言いたい)))

 

29年6月定例議会の一般質問

 

下水汚泥処理の今後は

 

今回の一般質問は、下水汚泥とバイオマスについて・・・

これまでにも何度も取り上げながら、一進一退の状態の繰り返し。

 前回、下水単独で取り組むとの姿勢を見せながら、その後の対応は?

 

バイオマス事業について

質問要旨

答弁要旨

当初質問

 

1. バイオマス事業の現状は

2. 下水汚泥以外の方向性は

1. 平成2426年にかけて検討したが、27年に生ごみとの調整が必要になったため、休止中。

2. 家畜排せつ物は堆肥化、農業残渣は農地還元しているが、総合的に組み合わせた利活用システムを検討。

再質問

1. 下水汚泥が27年度に調整になった理由は

 

2. 豊橋のバイオマス発電についての認識は

 

3. 生ごみ処理の豊橋の受け入れ姿勢の内容は

4. 下水汚泥、またそれ以外のバイオマスの方針決定時期は

5. 家畜排せつ物の堆肥化の現状は

 

6. 剪定枝木の活用は

1. 豊橋とのごみ広域処理の協議中に、生ごみは市内処理の必要性が生じたため。

2. 下水汚泥、生ごみ等を集約し、エネルギー化しているが、市の規模に応じた利活用の検討が必要。

3. 25年に生ごみは豊橋へ搬入の要請があったが26年に受け入れを拒否された。

4. 23年後を目途に決定する。

5. 畜産農家ごと、またはJAエコセンターで堆肥化。悪臭の問題点があるが、現地指導、環境パトロールで対応。

6. 赤羽根環境センターでチップ化して活用している。

 

 

今回の一般質問で、通算50回目の登壇となりました。

バイオマスの質問もこれで何回になることか・・

前進したかと思えば、今回もまたストップ。

2年を目途に結論を出すとのこと。

今度こそはしっかりした結論を!!!

 

 

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

&&伊勢神宮に生糸を奉納&&

…お糸船事業…

伊勢神宮大鳥居前での行列

117回三河赤引き糸奉献事業に参加。

1300年前、天武天皇の時代に始まり、明治になって復活された渥美半島の伝統文化です。

626日には、亀山町の御料所で蚕の繭から糸を紡ぐ「繰糸始式」が行われました。

73日、伊勢湾フェリーで鳥羽に渡り、4日朝神宮に奉納しました。

養蚕農家は東三河で2軒のみとなりましたが、今後も継承されることを期待します。

 

*文教厚生委員会視察*

***岡山・九州へ***

7月10〜12日は教厚生委員会の県外視察。10日は岡山市でごみ処理の有料化についての実態を調査。有料化に伴う諸問題の解決方法を聞き取りした。

11日は佐賀県多久市。小中一貫教育の先進地域の様子を視察。少子化に対応した一つの方法として参考になった。

12日には、福岡県八女市で廃校跡地の活用を現場で視察。小学校統廃合で廃校になった学校を如何に活用するかは田原市においても大きな問題である。

八女市大渕小学校跡地

 

 

政務活動費

平成19年  一般質問

平成20年  一般質問

平成21年  一般質問

平成22年  一般質問

平成27年  一般質問

市議会選挙収支

平成23年  一般質問

平成24年  一般質問

平成25年  一般質問

平成26年  一般質問

平成28年   一般質問

田原市議会HP

 

 

平成29年7月19日更新