〜渥美半島 風の便り〜

田原市議会議員
杉浦文平 ホームページ    

 

 

我が家の草花

春・スイセン

夏・ホタルブクロ

秋・コスモス

冬・マンリョウ

 

 

                                                                                                                                                                                          

《《《市民の声を市政に届けます》》》

★常に問題意識を持ち、市民の立場で行動します

★議会と行政のなれ合いを排し、市政を監視します

★市民の声に耳を傾け、市政に反映させます

 

所属会派 無所属クラブ(1人会派)

市議選は初めての無投票

現職12人、新人5人、元職1人

 

田原市議選は今回初めての無投票となりました。

定数が2名減の18人となり、少数激戦が予想されましたが、激戦を恐れたためか125日の告示日の午後5時までに定数同数の18名の届出となり、無投票が確定しました。

市政の経費削減と同時に、議員の資質向上をも図った定数削減でしたが、その狙いが当たったかどうか若干の疑問が残ってしまいました。

4年後の改選時には、再度何らかの対策を練る必要があると思われます。

 

決起集会

 

 

昭和24825

プロフィール

渥美町折立に生まれる(丑年・おとめ座)

昭和373

町立清田小学校卒業

昭和403

町立福江中学校卒業

昭和433

県立時習館高校卒業

昭和473

大阪大学法学部卒業

昭和474

京都ロイヤルホテル入社

フロント・宴会サービス・売店・会計・企画・外販を歴任

昭和633

京都ロイヤルホテルを退職

渥美にUターンし家業の酒店に入る

平成45

清田小学校PTA会長

平成85

福江中学校PTA副会長

平成96

家業の酒店経営の傍ら シーサイド伊良湖臨時職員(フロント・レストラン・バー担当)

平成126

渥美郵便局臨時職員(ゆうパック・速達配達)

平成154

渥美町議会議員

平成175

渥美町議会文教厚生委員長

平成192

田原市議会議員

平成232

田原市議会広報委員長・経済建設副委員長

平成272

総務副委員長・東三河広域連合議会議員

平成286

議員生活10年表彰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*************************************

 

 

(((あれも聞きたい、これも言いたい)))

 

30年3月定例議会の一般質問

 

公共施設の複合化、集約化は

 

渥美支所の施設をJAへの貸し付けがスタートして一年になるが、

その評価と今後の対応は…?

また、評価を踏まえた市全体の公共施設適正化を今後どう取り組むのか。

市民一人あたりの公共施設面積(6.10u)は、全国平均の1.8倍であり

将来の年間コストは50億円となる。

 

渥美支所改修について

質問要旨

答弁要旨

当初質問

昨年5月のJAへの施設貸し付け開始後の評価と今後の有り方は

JA本店が支所に移転したことで、非常に便利になり、地域の拠点として役割が向上。施設の有効活用が図られた。

今後も総合窓口、住民サービスの拠点とする。

再質問

1. 事務所面積削減による不都合は

2JAとの関連が高まったとのことだが、市の農政関係部署を支所に集約させてはどうか

3.渥美支所に権限をもっと持たせてはどうか

1. 機能確保の上JAに貸し付けたので、支障はない。

2. 現状の体制の方が利便性、効率性が良い。

 

3.現在も地域の窓口として重要な役割を果たしている。

公共施設の適正化について

 

 

当初質問

渥美支所改修事業を踏まえ、公共施設適正化を如何に進めるか

 

施設種別に「配置・長寿命化」を平成32年までに策定。現在、社会教育施設・小中学校・公営住宅などを取り組んでいる。

再質問

1. 適正化の具体的な進め方は

2. 地域の市民館、保育園、小学校などの施設の複合化、集約化の考えは

3. 市営住宅の民活の方法は

4. 将来的に市営住宅の民営化を進めてはどうか

1. 施設の利用状況、ニーズ、建物の状況を考慮し適正配置を考える。施設の複合化、民間サ-ビスの活用も。

2. 条件、タイミングがあえば、複合化も考える。

3. 指定管理者への委託、民間アパートの借り上げなど。

4. 長寿命化を見直すが、建替え時に大きな財政負担があるので、効果的、効率的な方法を検討する。

 

 

地域施設の複合化、集約化は、地域を越えた統廃合よりも住民の合意を得やすいのではないか。

老朽化した時点で、施設の在り方を考えてきたが、もっと早めに施設の効果的な活用を考えるべきでは・・・

 

 

XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX

鳥羽市議会と交流

田原市へ来訪

堀切・津波避難マウンド

117日、鳥羽市議会との交流事業を実施。伊良湖水道の荒波を乗り越え、交流事業を重ねています。

2016年には両市議会で友好協定も締結しました。

今回は、鳥羽市議会が渥美半島に来訪し、田原市内の「中央図書館」「津波避難マウンド」等を同行見学しました。

 

〜〜赤羽根診療所開設〜〜

2018年度予算に計上された「赤羽根診療所」が41日に開所式を迎えました。

地域の医療機関が無くなり、住民にとって健康への不安が増していましたが、市が診療所を設置し、運営を厚生連に委託することになりました。

地域医療の充実が期待されるところです。

赤羽根診療所

 

♥♥女性議員の出産休暇を議決♥♥

田原市議会ではこれまで規定の無かった女性議員の出産休暇を

条例化することを議決しました。開かれた議会への一歩です。

また、私からの提案で、昨年決議した「長期欠席議員の報酬カット」は

出産休暇には適用しないことも、併せて決定しました。

 

政務活動費

平成19年  一般質問

平成20年  一般質問

平成21年  一般質問

平成22年  一般質問

平成27年  一般質問

平成29

一般質問

市議会選挙収支

平成23年  一般質問

平成24年  一般質問

平成25年  一般質問

平成26年  一般質問

平成28年   一般質問

田原市議会HP

 

 

平成30年4月9日更新